ブログ スポーツ整体 フィジカルデザイン広島

2022-12-03 11:06:00

体幹トレーニングで体幹を鍛えることは難しい

皆様いつもご利用いただき誠にありがとうございます。

本日のテーマは「体幹トレーニングで体幹を鍛えることは難しい」です。


痛みの改善や、コンディションの調整を行っていく中で、体幹の安定性をチェックすることが多々あります。

カラダの重心コントロールが正確に行えるかどうかのチェックになるのですが、多くの方がコントロールできていないことに驚かれます。

「あれっ、いつも体幹トレーニングしてるんですがおかしいですね!」

「これ、今まで体幹トレーニングの意味がなかったということですか?」


鋭い方はご自分で気付かれます。

体幹トレーニングを行っても、コンディションの関係で脚や腰あるいは腕ばかりに刺激が入り

肝心の体幹は全く機能していなかったという場合がほとんどです。

体幹はインナーマッスルでコントロールされるべきであり、大きな筋肉がコントロールに働くとインナーマッスルは活動を弱めます。

強度の高い体幹トレーニングを行えば、しっかりトレーニングされるのだろうと思われると思いますが

大きな筋肉の緊張が強まるばかりで、逆効果です。どんどんガチガチなカラダに仕上がっていきます。

よく「余分な力を抜け」という言葉を耳にしますが、インナーマッスルを活動させるコツですね。

しかし、過剰な緊張が維持された状態から、余分な力を抜くことも難しいですので、

日頃からコンディション調整を行い、インナーマッスルが活動しやすい状態にしておくことが重要ですね。


日常行っているメンテンスですが、考え方や目的によって体幹に最も影響のあるものでもあるのです。



もし当店を気に入っていただけた場合、Googleのクチコミで評価していただけると幸いです。
https://www.google.com/search?client=firefox-b-d&q=googli%E3%80%80%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%B8%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3#lrd=0x355aa2252a816521:0xffc1fba2b8b3b1b0,1,,,

フィジカルデザインは、スポーツ選手の痛みへの対応だけではなく、スポーツ選手のコンディションやトレーニングについても徹底的に研究しております。皆様のご活躍を応援しております。

フィジカルデザイン

 

2022-11-11 01:26:00

野球肩・野球肘の依頼が非常に増えています

皆様いつもご利用いただき誠にありがとうございます。本日のテーマは「野球肩・肘の依頼が非常に増えています」です。

野球のシーズンがほぼ終了し、オフシーズンの練習やトレーニングに入っていく方が多いと思いますが、このところ野球肩・野球肘の痛みでお困りの方の依頼が非常に増えております。

シーズン中に痛みがあるまま無理されていた方も多く、状態がかなり深刻な方も少なくありません。特に、痛み止めを用い長期間使用され無理されていた方は対応にも時間がかかります。


また、最近ではYouTubeなどの動画サイトで紹介されている治療方法をいくつも試され、さらに全身が複雑な状態に陥っておられる場合もあります。

私たちのカラダは思った以上に非常に複雑なため適切な対応が行われなかった場合、さらにカラダへの負担が増加していきます。

例えば、フェラーリなど高性能な車の整備や修理を資格のない方の動画を見て行ったり、整備書も見ることなく自分の感覚で行うと、まず不調は治りませんし状態は悪化してしまうのと同様です。

やはりスポーツにおけるパフォーマンスを維持していこうとお考えであるならば、違和感を感じた時点で適切な対応を行っていく必要があると考えます。

野球肩や野球肘の場合、痛みが出ている場所は、本来の意味で悪いところではありません。機能低下の原因により仕方なく頑張るしかなかった場所ですので、いくら肩や肘だけの治療を行っても改善は難しいです。

野球肩・野球肘の痛みが出る方は、股関節・脊柱・肋骨・鎖骨・肩甲骨・肩がスムーズに動かなくなっている方がほとんどであり、その程度や状態は一人ひとりが異なるため、それぞれ異なる対応が必要になってきます。

野球肩・野球肘の改善はスポーツ疾患の中でも難しい部類になり、非常に専門的な知識が必要となります。痛みが改善せずお困りの場合、早めにスポーツ治療の専門家にご相談されることをお勧めしています。


もし当店を気に入っていただけた場合、Googleのクチコミで評価していただけると幸いです。
https://www.google.com/search?client=firefox-b-d&q=googli%E3%80%80%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%B8%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3#lrd=0x355aa2252a816521:0xffc1fba2b8b3b1b0,1,,,

フィジカルデザインは、スポーツ選手の痛みへの対応だけではなく、スポーツ選手のコンディションやトレーニングについても徹底的に研究しております。皆様のご活躍を応援しております。

フィジカルデザイン

 

 

2022-09-16 01:02:00

本当に体幹を機能させることは難しい

皆様いつもご利用いただき誠にありがとうございます。本日のテーマは「本当に体幹を機能させることは難しい」です。

体幹の重要性は20年以上前から言われており、現在においては学生の方においても「体幹」の重要性を認識されている方も多くなっています。

そのため、チームの練習や自主的なトレーニングの中にも「体幹」を意識したトレーニングを取り入れておられる方も多くなってきました。

しかし、体幹を意識して様々なトレーニングを試みられているにもかかわらず、実際はお腹に過剰な力が入っているだけで体幹のインナーマッスルは機能的に使えていない場合が非常に多いです。

毎日トレーニングを行っているのだから、体幹は強くなっているだろうと思われていると思いますが、実際に片足立ちなど簡単なバランステストを行うと体幹が機能していないことに驚かれるでしょう。


また、中には「体幹トレーニング」を行われているにもかかわらず「身体が安定しない」「思うようにパフォーマンスを発揮できない」と悩まれておられる方もいらっしゃいます。

このように本当は体幹を機能させることは非常に難しいのです。

なぜ「体幹トレーニング」を行っているにもかかわらず、思うような結果が得られないのでしょうか?

結論から申しますと「体幹トレーニング」で体幹を鍛えることができないからです。

これは、多くの方が疑問に思われるところだと思いますが、カラダの安定性を担っている「インナーマッスル」は非常にデリケートなため、全身が無理なくスムーズに動けるようなコンディションでないと働いてきません。

股関節や胸郭がガチガチの状態での運動は、大きな筋肉にさらに過剰な負荷がかかるばかりで体幹は機能してこないのです。

体幹は体幹トレーニングで強化すべきものではありません。全身のコンディションを整えることによって、自然に体幹が機能する状態を獲得し、どのような動きにおいても体幹が先行して機能して動作できる状態を獲得していかなくてはなりません。

当店は、体幹の機能性を最も重要視しております。どのような方においても、最終的には体幹が無意識で活動できる状態を目指してカラダの調整を試みております。

もし当店を気に入っていただけた場合、Googleのクチコミで評価していただけると幸いです。
https://www.google.com/search?client=firefox-b-d&q=googli%E3%80%80%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%B8%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3#lrd=0x355aa2252a816521:0xffc1fba2b8b3b1b0,1,,,

フィジカルデザインは、スポーツ選手の痛みへの対応だけではなく、スポーツ選手のコンディションやトレーニングについても徹底的に研究しております。皆様のご活躍を応援しております。

フィジカルデザイン

 

2022-08-17 01:52:00

日頃のメンテナンスなしでケガの予防はできない

皆様いつもご利用いただき誠にありがとうございます。

本日のテーマは「日頃のメンテナンスなしで怪我の予防はできない」です。

今までは何事もなくプレーすることができていたのに、突然痛みが出現しプレーすることが困難になることがあります。

毎日練習を行ってきても痛みが出たことがなかったのに、なぜ痛みが出たのかと疑問に思われる方も多くいらっしゃると思います。

その中でも、特に中学1年生や高校生の1~2年生の時期は痛みを訴えられる方が多くなってきます。

小学生のクラブチームで週末だけの練習や試合だったのが、中学生になると練習量や練習の頻度が増えてきます。

また、高校生になるとウエイトトレーニングを行うようになったり、練習も毎日で練習時間も長時間になるため、カラダへの負担も増大してきます。

最初は筋肉のハリや違和感だったものが、カラダの許容範囲を超えてしまうと徐々に痛みなってカラダの異常を知らせてくれます。

しかし、関節の動きにくさや痛みによってカラダの異常に気づいてストレッチを行ってみても、長期的に積み重なったカラダへの蓄積はそう簡単に改善できるものではありません。

今まで痛みなくできていたのに、突然痛みが出てきたのは「フォームの悪さ」「筋力の低下」「姿勢の悪化」が原因ではないかと考えられる方も多いのですが、一番の原因はコンディションの悪化です。

数年~数十年かけて、カラダの様々な個所が適切に機能しなくなってコンディションが崩れ、痛みが出てきた場所が仕方なく頑張るしか動くことができなくなったのです。

自動車においても、一般道を走る車と、サーキットを走るレーシングカーでは、車両にかかる負荷も大きく異なるのでメンテナンスやコンディション調整の頻度が異なるのは当然です。放っておけばいつかは故障してしまいます。

ぜひ、あなたのカラダのメンテナンスに目を向けて、競技に必要なコンディションを整えることで、あなた本来のパフォーマンスを発揮していただきたいと思います。


もし当店を気に入っていただけた場合、Googleのクチコミで評価していただけると幸いです。
https://www.google.com/search?client=firefox-b-d&q=googli%E3%80%80%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%B8%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3#lrd=0x355aa2252a816521:0xffc1fba2b8b3b1b0,1,,,

フィジカルデザインは、スポーツ選手の痛みへの対応だけではなく、スポーツ選手のコンディションやトレーニングについても徹底的に研究しております。皆様のご活躍を応援しております。

フィジカルデザイン

 

 

2022-08-03 01:50:00

当店ご利用後の経過報告ありがとうございます

皆様いつもご利用いただき誠にありがとうございます。本日のテーマは「当店ご利用後の結果報告ありがとうございます」です。

当店をご利用くださるお客様は、インターネットで検索してご来店くださるお客様がほとんどです。

初めての店で不安はなかったですか?と問うと、ほとんどの方がホームページをしっかり見てきたので不安はありませんでしたとお答えいただけます。

しかし、痛みの対応で初めてお越しいただいたお客様は、当店の調整後「試合はできたかな?」「練習はできるようになったかな?」といったように、その後の経過が心配になるのですが

先日も「無事に痛みも改善し記録会に出ることができました」「決勝に進むことができて入賞できました」といったように、ご報告をしてくださるお客様もいらっしゃいます。

お客様が思う存分パフォーマンスを発揮することができ、日々努力されてこられた結果が得られたことは本当にうれしく思えます。

もし当店を気に入っていただけた場合、Googleのクチコミで評価していただけると幸いです。
https://www.google.com/search?client=firefox-b-d&q=googli%E3%80%80%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%B8%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3#lrd=0x355aa2252a816521:0xffc1fba2b8b3b1b0,1,,,

フィジカルデザインは、スポーツ選手の痛みへの対応だけではなく、スポーツ選手のコンディションやトレーニングについても徹底的に研究しております。皆様のご活躍を応援しております。

フィジカルデザイン

 

1 2 3 4 5 6 7