保険が使える店と使えない店の違いとは

161102001002-5818b04a1f597[1].png 選ばれる理由.png メニューと料金.png よくある質問.png 

 

お客様からの声.png ネット予約.png 店舗情報.png 道案内.png  


aflo_twia013920.jpg
             写真:アフロ

 
はじめに


カラダの痛みや不調にお悩みの場合、なるべく高い技術力を持った信頼できるお店に任せたいと思う方が多いのではないでしょうか。しかし、近年は整体や治療院も数多くみられるため、あなたの痛みをどこの店に任せたらよいのか迷っている方も多いと思います。

まずは健康保険が使えれば安く済みそうなので、保険が使えるかどうかで判断することもあると思います。しかし、保健適応の店が必ずしもあなたの痛みや不調を取り扱えるかどうかは別問題なのです。

ここでは保険の適応をはじめ、整体や接骨院の違いをしっかりと知っていただき、カラダの不調を適切に改善していくためのヒントを述べていきたいと思います。



保険が使えるお店とその適応



保険が使えるお店が「安くて良い」というイメージがある方も多いと思います。しかし、どのような店も「保険」が使えるわけではありません。

保険が使えるのは「病院」と「接骨院」(整骨院)になります。ただし、接骨院は保険が使用できる症状は非常に限られており、原因や負傷日がある骨折、脱臼、打撲、捻挫、肉ばなれといったケガのみとなっています。

そのため、通常多くみられる肩の痛み、腰痛、肩こり、膝の痛みなどには保険は使えないのです。
 
「接骨院」で保険が使える症状(ケガ)

●骨折・脱臼:緊急の場合を除き医師の同意が必要(普通は病院に行きますね)

●打撲:なにかにカラダをぶつけた場合

●捻挫:足などの関節をひねった場合

●挫傷:打撲などにより皮膚の下の組織をいためた場合

●肉離れ:筋肉の線維が部分的に切れた場合

 

何かにカラダをぶつけた場合や、転んで足首を捻ったもの、太ももの肉ばなれは保険が使えますが、一般的に痛みの訴えが多い「腰痛、肩の痛み、肩こり、膝の痛み」などには一切、保険が「使えない」ため注意が必要です。

最近ニュースでも取り上げられるように多くの「接骨院」は、この保険システムを悪用し、病名や通院回数などを改ざんして不正を働き逮捕者まで出ている状態です。その金額は毎年、なんと4000億円以上と言われています

このような不正なお金は全て、
私たちが納めた税金が用いられており医療制度をはじめ社会保障全体を圧迫しているのです。



整体院、接骨院、整形外科(病院)の違い



ここでは、整体院、接骨院、整形外科(病院)の資格や保健適応を具体的に見直していきましょう

1.整体院とは 

整体院とは、民間資格などをもった施術者が施術を行うところです。そのため、国家資格の有無は関係ありません。

しかし、非常に稀ですが”当店”のように医療資格である理学療法士の国家資格を持った整体院などがあり、そのようなお店は非常に「技術力が高い」可能性があります。

整体院は医療機関ではありませんので、健康保険を使うことはできません。 整体院では一般的に、筋肉や骨格のゆがみを矯正したり、全身のバランスを整えて自然治癒力を高めます。

整体を利用する場合は、病院などではしっかりと診てもらいにくい慢性的な腰痛や肩の痛みなどの改善、猫背などの姿勢の矯正などに利用すると良いと思います。


2.接骨院、整骨院とは

「各種保険使えます」という看板を出しているところは接骨院になります。ほとんどの店が交通事故などの対応もしています。

接骨院では柔道整復師という国家資格を持った人が施術(柔道整復術)を行うところです。整骨院は打撲、捻挫、挫傷、肉離れといったケガをした場合に、保険の適応が認められています。

ただし、医師免許ではありませんのでレントゲンなどの検査や手術、薬を処方したりすることはできません。腰痛、肩コリなど慢性的な痛みの症状は保険が使えませんので全額自己負担になります。 

接骨院と整骨院は呼び方が違うだけで業務内容は同じになると思います。


3.整形外科病院、整形外科クリニック 

病院やクリニックは医師が行う医療行為ですので処置や検査で健康保険が使えます。 医師の国家資格を持った人が、レントゲンや検査に基づいて病気やケガの診断を行い、手術、注射、薬、シップ、リハビリテーションなどの指示を出します。

骨折の手術後や、靭帯損傷後などでリハビリテーションの処方が出た場合、主に国家資格をもった理学療法士などが対応し、痛みの治療やケガからの復帰を目指します。

 

 

 

整体院整骨院の効果的な利用方法



痛みやなどカラダの体の不調を感じたら、原因を確定するためにも、まずは「病院」でレントゲンなどの検査で診断を受けることが重要だと思います。症状は軽いと思っていた痛みでも疲労骨折や神経を圧迫していたといった場合があるからです。

「整体院」を利用する場合は、病院などでは対応できない慢性的な痛み、あるいは病院で原因が不明といわれるような全身のバランスが崩れることによって生じる痛みなどを改善するときに利用します。整体院は主に筋肉や骨格のゆがみを修正し、全身のバランスを整えることで自然治癒力を高め改善を試みていきます。

「接骨院」を利用する場合は医師に確認した上で、保険適応範囲内のケガで、骨折、脱臼、打撲、捻挫、肉ばなれといった場合に利用するのが良いでしょう。腰痛や肩こりなど保険適応外の治療を行う場合は自費診療(全額自己負担)となります。

 

 

 

フィジカルデザインでは何を行っているのか



フィジカルデザインはスポーツ選手の痛みを改善する専門店になります。特に、病院、スポーツクリニック、接骨院、整体院、トレーナーさんなどが解決しにくい
痛みを短期間で改善することを専門としています。

痛みが出た場合、多くの方が原因なく痛みが突然出たと非常に驚かれると思いますが、カラダは痛みが出る前から全身を複雑に変化させて対応しています。

一般的な治療院では治療時間も限られ、全身状態を詳細に把握することはできませんので、なぜその痛みが出たのか原因が分からず対応に苦慮しながら
電気治療やマッサージのようなことをしている店が多いのが現状です。

フィジカルデザインは、そうした痛みの原因を全身から探ることにより短期間で痛みを改善していくのが特徴となります。