カラダ・スポーツに関するQ&A

1a.png 1b.png 1d.png 1c.png

 

1e.png 1f.png 1g.png ah.png

 

bサイトマップ.pngb当店のご案内.pngbスポーツの痛み.pngbコンディション.pngbトレーニング.pngbブログ.png

フィジカルデザイン > 当店のご案内 > カラダ・スポーツに関するQ&A



stockfoto_30389498_XS_450300.jpg
            

 
結果を出す一番の近道は何だと思いますか?


結果を出すための近道は、あなたが常に試行錯誤してきて「これだ」と感じたものを積み重ねてきた道のりだと考えます。必要となるものは何なのかということを常に考え抜き攻めていくことです。誤りを修正したり、逆に戻ったりすることで遠回りをしているようですが実はそれがあなたの近道なのです。


カラダで重要な要素は何だと思いますか?


私たちのカラダで最も重要なのは柔軟性です。柔軟性があれば思うようにカラダをコントロールすることができるようになり、さらに力に頼らず効率の良い動きで練習を積み重ねることができれば格段にパフォーマンスが上がっていきます。柔軟性がなければ必ず余分な力を必要とします
。力があれば良いと思われがちですが、余分な力はカラダの硬さをつくりパフォーマンスを低下させていきます。


痛みがなければコンディションは良いのですか?


痛みとコンディションは別物で、痛みが出ていないからといってコンディションが良いとは限りません。結果を求めている選手であれば痛みが出ていなくても、コンディションを修正し理想の動きや反応が得られるようにして練習や試合を行っていく必要があります。



コンディションの調整はいつ行うのですか?


コンディションの調整は試合や大会の前だけに行うのではなく、常により良い練習が行えるよう日頃から積み重ねていくことが重要です。充実した練習を行わなければ、さらなる上達も見込めませんし、実際のスポーツ動作によるトレーニング効果が得られないからです。一番よくないのが、試合の前だけコンディション調整を行うやり方で、いつもとは異なるカラダや反応で試合を迎えることになります。


痛みはなぜ出るのですか?


痛みは大きな故障に至るのを防ぐ役割があり、カラダが適切に動かなくなっているということを「あなたに知らせている」のです。スポーツ選手であれば、常にカラダの変化をチェックし痛みが出る前に修正をしていくのが理想ですが、時間が取れないなどの理由によりコンディションの崩れを長期間放置され「なぜ痛みが出たのか」と悩まれておられる方が多くみられます。


筋力を鍛えたほうが良いのですか?


基礎的な筋力はスポーツを行うために必要となりますので、必要な筋力を獲得することは必要だと思います。しかし、永遠と筋力トレーニングを行い筋力を向上させてもトップレベルの選手と同等のパフォーマンスを出せるわけではありません。「強い筋力 = 高いパフォーマンス」ではない所に難しさがあります。この違いは効率的なカラダの使い方ができるかどうかにより差が出ます。


効率的なカラダの使い方とはどういったものですか?


効率的な使い方とは一部分の筋肉だけでスポーツの動作を行うのではなく、例えば重力、反動、遠心力などを用いながら全身を使って動作することです。これが実現すれば非常に高いパフォーマンスが出せるのですが、それには優れた柔軟性や技術的な知識も必要となります。これらは最終的にフィジカルデザインが目指しているものになります。


なぜカラダが硬くなるのですか?


カラダが硬くなるのは、疲労が蓄積し柔軟性が低下しているだけではありません。カラダに不安定な場所があるのを補うために自動的に硬さをつくっている場合も多々あります。不安定な場所があると思うように力を発揮することができないため、硬さをつくり安定させておく必要があるのです。


ストレッチで柔軟性は向上しますか?


ストレッチは柔らかい場所は伸ばすことができるのですが、特に関節の硬さがあるとストレッチしにくくなるため、ストレッチだけで十分な柔軟性を得ることが難しいことが多いです。しかし、ストレッチが無意味なことではありません。じっくりと時間をかけて行うことができれば、かなり柔軟性は向上してきますし、ご自分で行うケアとしては重要だと考えています。


ストレッチの注意点がありますか?


ストレッチを行うために重要なのは「あせって行わない」ということです。じっくりと伸びてくるのを待つような感覚で行うのがポイントではないでしょうか。力を入れてもまず思うようにストレッチされてこないですし逆に痛めてしまうこともあります。また、ストレッチで良く伸びる場所を時間をかけて行う方が多いですが、硬くてストレッチが苦手な場所こそ時間をかけて行う必要があるでしょう。特に、ハムストリングスのストレッチでは腰が丸くなって腰のストレッチにしかなっていない方が多いので注意が必要です。


体幹は重要ですか?


体幹は上半身と下半身をつなぎ互いの連動や安定を担っているため非常に重要です。しかし、トレーニングなどによって体幹を固めることが重要なのではありません。体幹を固めてしまうと効率的な動作は失われてしまいます。全ての動作において重心をコントロールするために、柔軟にコントロールされた体幹が非常に重要なのです。


体幹トレーニングを行っても安定しないのはなぜですか?


一般的な体幹トレーニングを行ってもカラダが安定しないのはインナーマッスルが機能していないからです。また、いくら難易度の高い体幹トレーニングを行っても大きな筋肉でカラダを固めてしまうことにしかなりませんのでなかなか安定は得られません。大きな筋肉の中にあるセンサーは感度が鈍いのでカラダをコントロールするには不向きなのです。体幹トレーニングは大きな筋肉でカラダを固めるのが良いと思われている方が行うトレーニングです。


体幹トレーニングのどこが良くないと思いますか?


広く知られている体幹トレーニングの多くが、静止した状態で行うトレーニングです。安定した場所でカラダが動かないように大きな筋肉の力で固めようと努力するトレーニングです。インナーマッスルを活動させるためには余分な力を抜く必要があります。そのため体幹を固めてしまうトレーニングは良くないと考えています。実際のスポーツの場面では止まっていることがありません。動いている中で左右・前後・上下など複合的にバランスを崩しながら動いている中での安定が必要なのです。


インナーマッスルはどのようにトレーニングするのですか?


インナーマッスル活動させるためには大きな抵抗をかけてはダメです。当店では今までの経験により、これで良いのかと思うぐらいの非常に軽い負荷でスムーズに動いたり、わずかに動きを止めてみたり、重心を動かしてバランスをとったりしています。言葉ではなかなかイメージすることが難しいと思いますが、インナーマッスルが先行して働いていれば非常に力強い動きが可能になることに驚かれるでしょう。


プロの選手の筋力は凄いのですか?


プロスポーツ選手のカラダは筋肉が発達してカラダも大きな方が多いですが「筋肉の発達 = 筋力が非常に強い」ではありません。むしろジムで鍛え上げた一般の方の方が筋力が強い場合もあるかもしれません。しかし、プロ選手は単一の筋肉の力をみると最強に強くはないかもしれませんが、スポーツ動作の複合的な動きのパワーやスピードにおいては一般の方とは比較になりません。そのため筋力が強いと思われるのでしょう。車で例えると、ゆっくりでも力の強いトラックと、速く走るために設計されたレーシングカーのような違いがあると思います。


プロの選手もウエイトトレーニングを行いますか?


プロスポーツ選手においても、ウエイトトレーニングを好む方と、嫌う方がいます。しかし、シーズンを通して行う方は珍しく、オフシーズンなどのカラダ作りの期間に行われる方が多いでしょう。プロスポーツ選手においては、ウエイトトレーニングで行う動きや、筋力に頼った動きが、実際の効率的なスポーツ動作に悪影響を及ぼすため嫌われる方も少なくありません。そのため、ウエイトトレーニング後は必ずコンディションを修正する必要があります。


カラダで最も重要な場所はどこですか?


カラダで最も重要な場所は「股関節」ではないかと考えています。確かに胸郭や腰を含めた体幹も重要なのですが、股関節の機能がなければ体幹の安定が得られません。そのため当店は股関節のコンディションにはかなりの時間をかけています。股関節が使えているかどうかによって大きくパフォーマンスの差が出ると考えています。


カラダが重くなるのはなぜですか?


体が重くなるのは、筋膜・皮膚・腱・筋肉といった組織どうしの動きが悪くなって関節の動きに抵抗が生じているからです。この状態が続く場合「カラダが重い」「疲れている」と感じているのだと思います。スムーズな関節の動きを取り戻せば嘘のように疲れを感じなくなります。


疲れがなかなか取れません。良いアドバイスがありますか?


日々のスポーツ活動や日常生活の積み重ねによって、上記に説明したような組織が動きにくくなっており、運動の抵抗感や呼吸機能にも影響を及ぼしているのではないかと思われます。ご自分で対処される場合、まずはどこが一番疲れているのかを明確にして、動きにくい場所を明確にしながらストレッチなどで徐々に対処していく必要があると思います。


良いフォームにならないのですがどうしてですか?


理想のフォームに修正していくことが難しいのは、現在のフォームがあなたにとって一番自然なフォームだからです。要するに今のフォームは現在のカラダの状態をそのまま表しているのです。本当にフォームを修正するならば、まず最初に求めているフォームが行えるようなカラダに修正していかなければなりません。見た目のフォームだけを修正すると動きの難しさが積み重なり故障の原因となることが多々あります。


練習やトレーニングを毎日行っていますが休息も必要ですか?


部活などで休みなく毎日練習がある学校もあるようですが、やはり休息も必要だと思います。しかし、完全な休養で何もしないというのではなく、日頃ケアが行き届かなかった場所や、気になる所をしっかりとメンテナンスするのがお勧めです。気持ちよく動くことができれば練習にも身が入りますし、良い練習ができることは上達の近道になります。


カラダのケアとトレーニングはどっちが重要ですか?


カラダのケアとトレーニングでは、ケアの方が重要です。カラダのケアが行き届いていなければトレーニングを行っても正しい動きができないためコンディションを崩すことになりパフォーマンスが低下していきます。自動車の運転においても長年メンテナンスされていない車に乗るのはいつ故障するかわからないので不安ですよね。


姿勢が悪いから痛みが出るのですか?


単純に言えば姿勢が悪いことが原因だと言えるかもしれませんが、背中を伸ばして姿勢を正せば痛みが治るわけでもありません。カラダの様々な箇所に姿勢を悪くする変化が生じているのです。痛みを改善するためには、その変化を1つずつ修正し適切な反応が得られるように調整しなくてはなりません。


背中が丸くなると何に影響するのですか?

現代人に多くみられる背中が丸くなる姿勢ですが、全身の反応やパフォーマンスに大きく影響します。
 1.腰が丸くなることで体幹が不安定になります
 2.体幹が不安定になると軸がぶれやすくなりバランスが悪くなります

 3.バランスが悪くなると脚や腕に余分な力が入るようになります
 4.体が傾くことも多くなり膝や足などの関節に負担がかかります
 5.骨盤は後ろに傾き後ろ重心になります
 6.骨盤が後ろに傾くことで太ももは外に開きます
 7.骨盤が後ろに傾くことで股関節や太ももの前が硬くなります
 8.強力な筋肉である大殿筋やハムストリングスが使えなくなります
 9.8の影響でふくらはぎへの負担が高まります
 10.背中が丸くなることで首や肩が硬くなります
 11.首が動きにくくなったり腕が後ろに回らなくなります



フィジカルデザインは、プロスポーツ選手と研究を続けているノウハウが豊富にあります。また、貴重な練習時間などに影響しないよう夜間営業しておりますので、ぜひご検討くださいますようよろしくお願いいたします。