野球肩の原因とその対応

1a.png 1b.png 1d.png 1c.png

 

1e.png 1f.png 1g.png ah.png

 

stockfoto_97570923_XS.jpg  



野球肩はどういったものですか


幅広い選手層でみられる
野球肩の痛みは、小学生では比較的少ないのですが、中学生・高校生になり練習量が増加したり、トレーニングを行うようになると徐々に多くなる傾向があります。少年野球の方からプロ野球選手に至るまで幅広い選手層でみられるため、原因は技術力の差だけではなさそうです。主に投球時に肩の前や横あるいは後ろなどに痛みが出るものです。

ピッチャーとキャッチャーに多い
当店においても野球肩の治療を目的にご来店くださる方も多く、痛みの場所は肩の前や横、そして後ろの順に多いです。ポジションではピッチャーをはじめとして、キャッチャー、外野手といったポジションで多くみられています。また、バッティングピッチャーを行った後に痛みが出る方も少なくありません。

原因が複数あるので治療が難しい
野球肩になった場合、
一日も早く治したいと思われるでしょうが、ご自分で試行錯誤してもなかなか思うように改善してこないことも多いと思います。野球肩の原因は肩だけの問題だけではなく、肩甲骨、背骨、股関節といった複数の関節やその反応などが原因になっていることが多いため、野球肩はスポーツのケガのなかでも治療が難しい部類に入ります。

スポーツ治療の専門家に依頼する
プロ野球選手においても適切な治療者に依頼することができなければ短期間で改善しないため、痛みを我慢して投球を続けたり、痛み止めの薬や注射を用い非常に危険な状態のまま投球を続けている選手もあります。やはり短期間で改善を得るためにはスポーツ治療の専門家に依頼することが近道になります。


痛みが強ければ改善に時間がかかる
すでに強い炎症により腕が動かせないほどの痛みが出ている場合、安静期間も必要となり改善に時間を要する場合もあります。このような場合、試合や練習を続けることが難しくなりますので、肩に軽度の痛みや張りといった違和感を自覚していればできるだけ早めに対応することをお勧めしています。




なぜ投球で肩に痛みが出るのでしょうか


肩や腕でしか投げれなくなっている
結論から申しますと、投球で肩に痛みが出るのは肩や腕でしか投げれなくなっているからです。投球動作は、下半身の動きから始まり体幹・肩甲骨・腕・手へと動きがつながっていく全身運動になるのですが、関節の動きに問題が生じていると効率的な動きができなくなり、結果的に筋力に頼った投球しかできなくなります。


筋力でパフォーマンスの低下を防いでいる
股関節や体幹の柔軟性が低下した状態でボールスピードの低下を補うためには、どうしても筋肉の力に頼ることになります。まだ肩の痛みが出ていなくても肩甲骨や体幹などの柔軟性が低下している場合、肩や腕の周囲に張りが出てくるのはこのためで、筋肉の力でパフォーマンスの低下を防いでいるのです。これが手投げ手打ちになる理由です。


痛みはカラダを守るために生じる
筋力に頼った投球の積み重ねは肩や肩甲骨周囲の緊張を強め、さらに関節の動きを制限していきます。その状態で投球を続けると、大きな動きを必要とする肩には非常に高い負担がかかるため、関節の損傷など致命的なケガを生じる危険性が出てきます。スポーツ選手にとっては避けたい痛みですが、痛みはあなたのカラダを守るために生じるのです。




投げすぎも関係するのですか

 

投げ過ぎよりもカラダの問題
野球肩は、肩に負担をかけた投球を何度も繰り返すことによって生じたものであるため、投げすぎが原因であるという考え方もありますが、投げすぎというよりも「全身ががうまく動けないまま」投球を続けたことによって肩への負担が積み重なったという根本的な問題があります。


連投しても痛みが出ない方もいます
一般的には、投げ過ぎによる肩の疲労が野球肩の原因だと考えられることが多いと思いますが、カラダの状態が悪ければ数十球投げただけでも野球肩になる可能性があります。しかし、逆に連投をしても肩に痛みを生じない方もいらっしゃいます。そうした方は、投球数が増えても肩に負担がかからない全身の柔軟性や投球技術、適切なメンテナンス方法を持ち合わせているということになります。




野球肩を防ぐにはどうすればよいですか


 

回転運動を妨げない
投球動作はキャッチャー方向への平行運動とカラダの回転運動が組み合わされて行われます。そのため、野球肩を防ぐために最も重要なことは、カラダの回転運動を妨げないように柔軟性を維持することになります。 平行運動とは、身体の重心を軸足に載せ、その重心を前方に加速させながら移動することで大きなパワーを生み出します。


遠心力としなりを活かす
前に降り出した足に加速された重心を伝えると同時にカラダの回転力が生まれます。股関節や体幹で行われる回転により遠心力が生まれることで体幹や肩甲帯がしなり、例えると釣り竿のように腕が振り出され、肩・肘・手首・指へとエネルギーが伝わり投球が行われます。この遠心力やしなりが失われると余分な力が必要となり野球肩になりやすくなります。


カラダがムチになる感覚を得る
全身の回転動作により遠心力やしなりが効率的に使えてくると、腕がムチのように振られてきます。そうすれば力に頼ることなく、鋭く伸びのあるボールが投げれるようになってきます。力が抜けず野球肩を繰り返してしまう方はこのような感覚を得られるような練習をする必要があります。


本来はそれほど腕の力は必要ない
足・股関節・体幹・肩甲骨・肩・腕・手・指といった全身を用いた回転運動が効率よく行われていれば、投球を行うのにそれほど力を必要としません。力だけに頼らない投球技術を得ることができれば、あなたのパフォーマンスが向上すると共に、投球による痛みやケガを防ぐことになります。

バッティングにも共通するメカニズム
投球技術は、投手だけが必要なものではなく、誰もが持ち合わせなければならない技術になります。投球動作の一連の回転運動のメカニズムはバッティングにも共通するメカニズムだからです。大谷翔平選手が投球、バッティングともに優れているのはこのような理由があるのです。しかし、私はダルビッシュと筋トレを行うようになって良いものが失われたように思えますが。。。



野球肩はどうすれば治るのですか 

 

練習をしながら改善できます
投球時に強い痛みが出る場合や、日常生活で少し動かすだけでも鋭い痛みが出るといった場合は、まずは肩の炎症を鎮静化するために投球を中止して安静を保つ必要があります。しかし、投球時に我慢できる程度のものや、練習後に痛みが出る場合など、一般的な野球肩の場合は練習をしながら痛みを改善することができます。


ストレッチだけでは改善が難しい
肩の痛みが出ている場合、すでに全身状態が崩れることによって肩に過剰な負担がかかっているため、肩だけのストレッチなどを行ってもなかなか痛みが治まりません。痛みを我慢して無理して投球しても、あなたのパフォーマンスは低下するばかりか、今後、腱板や関節唇の損傷に至る場合も出てきます。また、アイシングなどで炎症を抑えることは重要ですが、根本的に改善するためには、全身状態を把握して痛みの原因を特定しなければなりません。


痛みを改善するために
野球肩を治していくためには、まず、どうしたらどこに痛みが出るのかを把握します。そして痛みが出ている場所になぜ負担がかかるのか股関節、脊柱、骨盤、胸郭、肩甲骨、肩の柔軟性やインナーマッスルによる関節の安定性や反応をみながらカラダの連動を把握し修正していきます。野球肩といってもその原因は1人ひとりが異なります。そのため野球肩の決まった治療方法があるわけではないので、修正しては再確認といった作業を行い試行錯誤していく必要があります。

柔軟性がない方は
全身の柔軟性を一度で改善することは難しいかもしれませんが、股関節と肩甲骨の柔軟性をしっかりと出すだけでもかなり投球の感覚が変わり楽になると思いますので、ぜひご自分のカラダと向き合ってチャレンジしていただきたいと思います。ストレッチでは自分の得意なところばかりに時間をかけては逆効果です。普段行わない苦手な硬い場所を時間をかけてじっくり行ってください。

改善が難しければ専門家に依頼する
すでに強い痛みが出ている場合、なかなか力が抜けないことや、悪い動きを積み重ねていることもあって改善は容易ではないと思います。これからの選手生命を左右することのないように、野球肩でお困りの場合は、ぜひスポーツ治療の経験が豊富で全身状態を把握することができるスポーツの専門家にご相談されることをおすすめいたします。


フィジカルデザインは、プロスポーツ選手と研究を続けているノウハウが豊富にあります。また、貴重な練習時間などに影響しないよう夜間営業しておりますので、ぜひご検討くださいますようよろしくお願いいたします。