投球フォームとメカニズム

1a.png 1b.png 1d.png 1c.png

 

1e.png 1f.png 1g.png ah.png

 

bサイトマップ.pngb当店のご案内.pngbスポーツの痛み.pngbコンディション.pngbトレーニング.pngbブログ.png

フィジカルデザインスポーツの痛み > 投球フォームとメカニズム

 

 

baseball-731103_640.jpg         

 
はじめに


投球は全身運動で行われる
多くの方がご存じの通り、野球の投球動作は腕の力だけでボールを投げているのではなく、足から手の指先までを使う全身運動になります。こうしたことは、野球経験者であればなんとなくご理解されているかもしれませんが、実際に行えているかと問われれば自信がない方も多いと思います。

カラダの問題は自覚しにくい
すでに、あなたの肩や肘に痛みが出ていたり、ボールの伸びが悪い、肩や腕の張りがあってどうも調子が悪いと感じる場合、カラダが適切に動けていない可能性があります。その多くが痛みや違和感を感じている以外の場所にも問題が生じていることが多く、あなたが自覚しにくいという特徴があります。そのため、パフォーマンスの低下やケガ、故障を防ぐためには定期的に投球の動作が適切に行えているか全身状態をチェックする必要があります。


ケアが十分に行えないことも多い
日頃ストレッチを行っているものの、日常の練習やトレーニングに追われカラダのケアにかける時間を十分に取れない場合もあると思います。そのため、力に頼らない投球動作を頭では理解していても徐々にカラダが動きにくくなっている場合が多く、気付いた時には手投げ腕投げになっていたという場合も少なくありません。

a関連記事.png
野球肩2.png
野球肘2.png



投球動作のフェーズ分け(動作の分解)


投球動作を分解すると、まず前脚を上げ、ボールを持った手を後方に引き上げながらカラダを後方回転させます。その後、トップポジションから股関節、骨盤、胸郭、肩甲骨、腕の順で前方に回転運動が行われますが、この回転運動で生じる遠心力によって腕は「ムチ」のように振られボールが投げられます。この動作を分解すると下記のように表現することができます。

F1_large_.jpg

1.ワインドアップ期 (投球開始のポジション)

2.コッキング期 (腕を後方に引き構える)

3.アクセレレーション期 (腕を後ろにおいた状態からリリースするまで)

4.リリース (手からボールが放たれる)

5.ディセレレーション期 (リリース直後からの腕の減速)

6.フォロースルー期 (リリース後から腕を振り切るまで)

 

1.ワインドアップ期 
投球動作の一番最初の動作で、前足を上げ軸足でしっかりと立つまでを表します。通常、野球肩はここで痛みが出ることはありません。股関節の硬さがあると腰が丸くなり、ここから続く動作すべてに悪影響が及びます。


2.コッキング期
前に踏み出した足が地面に着地し、カラダが最大限に捻られ腕が後方に引かれた状態までを表します。

● アーリーコッキング期:ワインドアップ期から前足が地面に着地するまでを表します。
● レイトコッキング期:前足が地面に着地してからボールを一番後ろに引いた時までを表します。
コッキング期で股関節・体幹・肩甲骨・腕といった関節の柔軟性が不足していると、肩周囲の筋肉、腱、関節包などの組織には非常に大なストレスがかかり痛みにつながることが多くなります。


3.アクセレレーション期
腕を後ろに引いた状態から、ボールを加速させリリースするまでを表します。股関節・体幹・肩甲骨などの柔軟性が不足していると、胸・肩・腕などの過剰な筋力を用いなければボールを加速させることができないので、肩や肘の関節やその周囲にある筋肉や腱には非常に大きなストレスがかかるため痛みにつながることが多くなります。


4.リリース
指からボールを放すことを表します。


5.ディセレレーション期
リリース直後のから振られる腕にブレーキをかけることを表します。全身の柔軟性不足によって過剰な筋力を用いて投球している場合、ボールが手から離れた後のブレーキにも過剰な力を必要とするため肩の後ろにある筋肉、腱にも非常に大きなストレスがかかるため痛みにつながることが多くなります。


6.フォロースルー期

リリース後、ボールを放してから腕を振り切るところを表します。柔軟性が不足している場合や、筋肉の力で投げている場合はムチがカラダに巻き付くような綺麗なフォロースルーが行われません。



野球肩・野球肘の痛み


痛みの原因は全身に分布する
野球肩や野球肘で悩まれる方も多いと思いますが、その痛みの原因は非常にシンプルで、投球に必要な柔軟性が得られていないことによって「肩や肘の関節が過剰に働かなければならなくなった」ということになります。しかし、実際は過剰な力を用いた投球が続いたことによって非常に複雑な状態になっている場合が多々あります。このようなことから治療者においてもスポーツにおける専門知識がなければ原因が分かりにくいため、肩や肘の治療は難しいとという印象があると思います。

カラダの回転不足がストレスをかける
トップポジションの位置で腕が後方に引っ張られるとき、股関節・体幹・肩甲骨の回転が不十分であれば、肩には関節を外すような強力なストレスが加わり、肩の前や後ろに痛みが出現することが多くなります。さらに、腕が上がりにくくなっている場合は肩周囲の過剰な緊張が加わり肩の横や上の痛みが加わります。

複合的に損傷が生じたもの
野球肩・野球肘は、全身で行われる投球動作が適切に行われなくなったことによるケガになります。繰り返される肩や腕へのストレスによって関節の不安定、インナーマッスルの損傷、関節唇損傷、上腕二頭筋腱の損傷、あるいは肘の靭帯の損傷・弛緩が複合的に生じたものだと考えられます。

最もストレスがかかるのは棘上筋
野球肩・野球肘の痛みは、それぞれ個人の技術、経験、年齢、練習量、疲労の蓄積、コンディション、ケアなどによって一人ひとりの病態は異なります。そのため、誰もが同じ場所の損傷が起こるわけではありませんが、投球動作で最もストレスがかかるインナーマッスは棘上筋であり、棘上筋に生じる腱線維の部分断裂、炎症はほぼ必発的であるといわれています。

インナーマッスルへの負担を回避する
また、肩のインナーマッスルを束ねる腱板は非常に血行の乏しい場所であるため、一旦傷つくと組織の治癒過程は遅く完全に治るまでに時間を要するため、体幹・肩甲骨・肩関節の柔軟性を改善し、インナーマッスルへの負担を極力回避しておくことが野球肩を予防する1つのポイントとなります。

レントゲンでは異常がないことが多い
通常、野球による肩の痛みではレントゲンの異常はないことが多いですが、強いストレスが持続的に続いたものは
Bennet
骨棘といわれる骨が増殖したトゲのようなものが関節包や三角筋付着部にみられることがあるようです。

肩の腱板損傷
ほとんどの野球肩は、肩関節の柔軟性を回復し、関節の安定を図ると同時にカラダの回転を使って投げれるようになれば肩への直接的なストレスが軽減し痛みは改善していくのですが、痛みが出ていても対応せず痛み止めなどを用い無理して投球を続けたことによって肩板損傷に至ることもあります。肩板の断裂が大きく腱断裂の自然治癒が望めない場合、全身状態の改善や肩の安定性を高めるなど試行錯誤を繰り返しても痛みが続きます。このような場合は手術の適応になる場合もあります。
 




投球肩の予防

肩は消耗品ではない
適切なカラダの柔軟性が確保されていれば、それほど肩や腕の力は必要なく投球が行えます。しかし、スポーツ業界では特に投手の肩は消耗品とされ、投球動作はカラダに無理をかけるものだと考えられている面があります。


回転運動が遠心力を生む
特に骨盤や体幹のスムーズな回転運動は腕への遠心力を生み出すため、肩や腕への負担を軽減することが出来ます。逆にカラダの回転運動が行えなくなると、肩の筋肉が必要以上に伸ばされたり、また非常に強い力が必要になったり過剰なストレスが生じてきます。カラダの柔軟性を維持し、このストレスを軽減しておくことが野球肩・野球肘の予防につながります。


投球イメージを切り替える必要も
腕をできるだけ強く振って力強いボールを投げるというのが子供のころからの投球イメージなのかもしれませんが、基本的なことですが、骨盤や体幹といった全身を回転させてムチのように腕が振られるという投球イメージに切り替える必要もあるかもしれません。


システムを元に戻す必要性
野球肩・野球肘の痛みを予防し、パフォーマンスを向上させるためには、投球の基礎となる股関節、体幹、肩甲骨といった重要な部分の柔軟性をまず確保し、カラダを回転させしっかりと「しなり」を活かした投球が行えるようにカラダのシステムを元に戻す必要があります。



フィジカルデザインは、プロスポーツ選手と研究を続けているノウハウが豊富にあります。
また、貴重な練習時間などに影響しないよう夜間営業しておりますので、
ぜひご検討くださいますようよろしくお願いいたします。