スポーツ選手が選ぶべき整体や治療院

1a.png 1b.png 1d.png 1c.png

 

1e.png 1f.png 1g.png ah.png

  

stockfoto_32346466_XS.jpg

 

「整体」や「治療院」はそれぞれ資格や技術が全く異なります

 

資格や専門性により結果が異なる
現在、整形外科病院をはじめ整体や接骨院といった治療院も非常に多くみられれるようになってきました。また、そうした中でも施術者がもっている資格や専門性によりその技術や知識が異なるため得られる結果も異なります。そのため、あなたがどこに依頼するかという選択は非常に重要になってきます。

病院の方針に満足が得られない場合もある
骨折や靭帯損傷など大きなケガの治療は画像診断や手術が必要なため整形外科が専門になります。しかし、比較的多く経験する関節の痛みや腰痛などにおいては、病院へ行ったが「診断だけで何もやってもらえなかった」「痛み止めだけだった」「痛いのに筋力トレーニングを指導された」など満足されていない方がいらっしゃるようです。

知識・技術が未熟な場合悪化させることもある
病院に行ってもなかなか痛みが改善しない方の中には、どうにか痛みを改善してもらえる所はないかと、整体、鍼灸(はり・きゅう)、マッサージ、接骨院などに行かれる方もあると思います。しかし、それら数多くの治療院は、国家資格が必要なものから、特別な資格が必要のないものまで様々な特色がみられます。身体に関する知識や技術が未熟な場合、痛みを改善するどころか、逆に悪化させる場合が多いため注意を要します。

スポーツに対応できる店は非常に限られている
特に、スポーツのケガにおいては全身状態を詳細に見極めることが要求されるため非常に高い専門性が求められます。そのため、本当の意味でスポーツに対応できるお店は非常に限られており、あなたがお住まいの都道府県内でも数店舗になるのではないかと考えられます。

ホームページでしっかりと見極めることが必要
あなたがスポーツによる痛みを改善するために重要なことは、友人や知人の評判をそのまま受け入れるのではなく、あなた自身があなたの考えで依頼先を決定するということです。県内にスポーツを専門としている店があるのか、また、そのお店の得意分野は何なのか、そして、どのようなことを行っているのか事前にホームページなどでしっかりと確認して選んでいただきたいと思います。信頼できる店はできるだけ疑問が解決できるよう分かりやすく記載されていることが多いです



スポーツ整体・スポーツ整体院

 

整体の資格:基本的に整体を行うには公的な資格は不要

国家資格を有する店は高い技術を持っている可能性
スポーツ整体は公的な免許がなくても開業することができるので、無資格の治療院も多々あると思われます。しかし、あなたがお住まいの地域で、理学療法士の国家資格を持ったスポーツ整体が数店舗あるかもしれません。そのようなスポーツ整体はかなりの治療技術を持ち合わせている可能性が高いですので、スポーツと国家資格などのキーワードを組み合わせうまく検索することがコツです。

無資格でカラダを触れるのは危険が伴う
一般的な整体は体のゆがみなどを矯正するようですが、無資格で関節を動かしたりマッサージ(マッサージを行うには国家資格が必要)などを行っている店もあるようですので注意が必要です。無資格でカラダを触れるのには思わぬケガや不調が生じたり危険が伴います。そのため、本当にカラダの問題を解決したいとお考えの場合は、公的な国家資格を持ったスポーツ整体をお選びすることをおすすめします。

原因に対処しなければ必ずコンディションは悪化する
国家資格を持たないようなスポーツ整体では、痛みやカラダが硬くなる原因も分からないまま、強い力でストレッチやマッサージを行ってしまったり、無意味なトレーニングなどで逆にコンディションを悪化させたりすることが多々あります。あなたがスポーツパフォーマンスの向上を目指すのであれば、満足した結果が得られるようなお店選びをする必要があります。



接骨院・整骨院

 

資格:柔道整復師(国家資格)

多くの方が、接骨院での治療は健康保険が使えるとお考えだと思いますが、接骨院で健康保険が使える疾患は下記の5つのケガの治療のみです。


接骨院・整骨院で健康保険が使える5つのケガ

● 骨折

● 骨のひび

● 脱臼

● 打撲

● 捻挫(ひねった)


よって、肩こり、腰痛、膝の痛みなどでは健康保険は使えません。保険が使える店は健全な営業を行っていない可能性があるため非常に注意が必要です。また、骨折などの診断もレントゲンがないため行うことはできません。

接骨院は主に捻挫や打撲による痛みを軽減するため、電気療法やマッサージなどを行う所です。

 

 

 

鍼灸(はり・きゅう)

 

資格:鍼灸師(国家資格)

ツボに鍼(はり)を打って痛みやコリなどの症状を軽減します。もんだり、押したりなどのマッサージは行いません。

 

鍼灸で健康保険を使うには
● 事前に病院の医師に同意書や診断書を書いてもらう必要があります。


鍼灸で健康保険の対象となる6つの疾患

● 神経痛

● リウマチ

● 首、肩、腕の筋肉や靭帯の痛みしびれ

● 五十肩

● 腰痛症

● 頸椎捻挫後遺症(むち打ち症)

 
鍼灸では体がだるい、肩こり、膝が痛いといった症状で治療を受けても健康保険の対象にはなりません。

 

 

 

マッサージ

 

資格:あん摩・マッサージ・指圧師(国家資格)

街中でで安価なマッサージ店をよく見かけますが、健康保険の対象となるのは、国家資格をもった治療院だけです。

また、マッサージを行えるのもあん摩・マッサージ・指圧師の 国家資格を持った人だけです。現在多くみられる整体、カイロプラティック、ボディケア、リラクゼーションなどのほとんどの店が、無資格でマッサージをしていますので、注意が必要です。

 

マッサージで健康保険を使うには
● 事前に病院の医師に同意書や診断書を書いてもらう必要があります。

マッサージで健康保険の対象になる2つの疾患
● 関節の拘縮

● 筋肉の麻痺


健康保険の対象となるのは上記の2つの症状に対する施術で、主に骨折や手術後の障害、脳血管障害の後遺症などになります。肩こり、腰痛、膝など関節の痛み、疲労などを理由にマッサージを受けても健康保険の対象にはなりません。

 

 

 

整形外科・理学療法・リハビリテーション

 

病院ではケガの治療から腰痛、肩こり、膝など関節の痛みの処置から手術、注射、シップ、リハビリ、薬の処方など、そのほとんどで健康保険が適用されます。

また、医者がレントゲンをはじめ、MRIやCTで画像を確認して病名の確定診断ができます。さらに、医師の処方によって、理学療法士によるリハビリテーション(理学療法)を受けることができます。

スポーツ整形外科、スポーツクリニックにおいては、病院の先生がスポーツドクターやスポーツの専門医であることから、スポーツのケガにおける診断は一般的な病院と比較して確かだと思われます。しかし、リハビリなどの治療においては、スポーツを専門とする理学療法士が在籍しているかどうかによって治療のメニューや結果が異なることが考えられます。

さらに、理学療法士によるリハビリを受けるためには、健康保険が適応できる病名でなければ治療を受けることができません。また、健康保険の関係で診断日から最大5カ月程度でリハビリも打ち切りとなります。

また、リハビリを受けるようとしても、病院に理学療法士がいない場合や、いたとしても1人の理学療法士に対して、治療できる人数や治療時間、あるいは病名による制限があるため、病院の先生も、すべての患者さんに理学療法士によるリハビリの処方が出せないのが現状です。

そのため、病院受診された比較的症状の軽い方、例えば、肩コリがある。身体の違和感がある。少し痛いけど歩ける。痛いけど腕が上がるといった症状の方は、注射、薬、シップ、電気治療、牽引(腰・首を引っ張る)などの治療方法にとどまる場合が多く、思うような治療がしてもらえないと感じる方も少なくないようです。

 

 

 

まとめ

 

1.整体や接骨院などは資格や技術も異なり様々です

2.整体や治療院の特徴を事前に調べて施術を受けましょう

3.治療院選びは慎重に行わないと症状が悪化する場合もみられます

4.肩こり、関節症などで健康保険が使えるのは病院のみです

5.病院でのリハビリも病名によっては受けられない場合があります