ぎっくり腰の原因とその対応

1a.png 1b.png 1d.png 1c.png

 

1e.png 1f.png 1g.png ah.png

 

bサイトマップ.pngb当店のご案内.pngbスポーツの痛み.pngbコンディション.pngbトレーニング.pngbブログ.png

フィジカルデザインスポーツの痛み > ぎっくり腰の原因とその対応

 

stockfoto_43581352_XS.jpg

腰痛の原因はわからないと聞きますが 

 

腰痛の訴えは最も多い
腰痛症は整形外科の受診において、最も多い疾患になります。生涯で腰痛を経験する方は80%以上と推測されており、アメリカでも保険制度を崩壊させた重大な原因の1つになっています。 

病院では原因が分からない場合も
一般的にみられる腰痛の多くはレントゲンの異常が認められないため、病院で痛みの原因が分からないことがあります。
そのため痛みが続いても腰痛が出る原因は不明とされ、年齢によるものや仕事での疲労、あるいは精神的なストレスが原因であるといった説明されることもあるようです。

腰痛の原因はカラダの中に複数ある
強い痛みがあるのに異常はないと言われるを疑問に持たれてる方は非常に多いです。確かに骨には異常はないのですが、カラダを詳細に分析すると腰痛の原因が分かってきます。特に股関節の硬さや背中が丸くなっているなどの原因により腰が頑張るしかなくなっている場合が多いのです。


画像で特定できない腰痛もある
腰痛を起こす疾患は非常に多く、そのなかには病院のレントゲン、CT、MRIで原因を特定できるものとそうでないものがあります。例えば、椎間関節症、椎間板ヘルニア、腰椎分離・すべり症といったものは特定できますが、姿勢の変化や特定の箇所に負担がかかって腰痛となっているものは画像の診断で原因を特定できません。

急性腰痛症と慢性腰痛症
画像診断において特定の病名がつけられない腰痛は、一般的に腰痛症と呼ばれています。また、その経過により急性腰痛症と慢性腰痛症に分けられます。急性腰痛症は皆さんがご存じの「ぎっくり腰」のことです。

慢性腰痛症は増加している
近年の高齢化により腰痛は増加している傾向です。また、若者においては、仕事による長時間のパソコン作業やスマホ使用時の姿勢など、姿勢の悪化による腰痛症が増加しています。いずれもレントゲンで明確な異常が認められない腰痛であるため、病院に行ってもレントゲンを行って湿布が出るだけで治療を行ってもらえなかったという訴えが少なくありません。




ぎっくり腰(急性腰痛症)の原因

 

何かのきっかけで起こることが多い
いわゆる「ぎっくり腰」は、急性腰痛症と呼ばれています。その名の通り、なんの前触れもなくいきなり腰への激痛が走り思うように動けなくなります。特に、重いものを不自然な姿勢で急に持ち上げたり、過剰に腰をひねったり、中腰の姿勢をとったり、急な動きをするなど、何かのきっかけにより腰に激しい痛みが起こることが多いです。

すでに腰には限界が来ていた可能性が高い
ぎっくり腰の痛みは、急激な腰へのストレスにより、腰周囲に分布している神経が刺激されるため起きると考えられ、さらに、皮膚や筋膜の神経を刺激することも関係しています。急激に起こるぎっくり腰ですが痛みの原因を探っていくと、姿勢などの変化によりすでに腰は限界に到達しており、ぎっくり腰がいつ起きてもおかしくない状態だったということが分かります。


ぎっくり腰の状態
● 腰や骨盤にある関節の捻挫
● 腰にある筋肉や筋膜といった組織の部分的な断裂

ぎっくり腰ではない腰の痛み
● 椎間板ヘルニア
● 腰骨の骨折や骨粗鬆症による圧迫骨折



ぎっくり腰の対応



激痛が治まれば徐々に動く
痛みの強い時期は無理してもなかなか治まりません。寝ているときには膝と股関節を曲げて、腰の反りを弱めた楽な姿勢で安静にすることが基本ですが、4日を超える安静は、体力や筋力低下の原因となります。レントゲンによる腰椎の骨折や脚へのシビレなどがなければ、徐々にできる限りの範囲で日常生活をすすめて行きましょう。

痛みは必ず落ち着きます
ぎっくり腰の激痛は、もう治まらないのではないかと心配されると思いますが、通常は数日で痛みが落ち着きます。痛みが落ち着いたならば、慢性の腰痛にならないよう適切に対処していきましょう。ぎっくり腰は、その痛みが治ったと思っても、また何かのきっかけで再発することがよくあります。
それは、腰の痛みにつながる姿勢や動作といった原因がそのままになっているためです。

改善が得られなければ専門家に依頼する
なかなか腰痛が治らなかったり、ぎっくり腰を繰り返してしまう場合、カラダに痛みの原因となる問題が残っている可能性があります。腰に痛みが出るため、腰が悪いと思われると思いますが、痛みの原因はカラダの中に複数存在しています。早期の改善を望まれる場合、全身状態を把握できる専門家に依頼することが近道となります。




腰痛症:慢性腰痛症とは

 

慢性腰痛症
腰の痛みが3ヶ月以上続く腰痛を慢性腰痛といいます。慢性腰痛症の原因は非常に多くありますが、基本的に仕事、日常生活、スポーツなどによって、姿勢の変化が起こり腰に負担がかかって腰痛になっている場合がほとんどです。特に股関節が曲がらなくて腰痛になっている方が圧倒的に多い傾向にあります。


慢性腰痛症の原因 
● 筋筋膜性の腰痛症、結合組織炎
筋膜など結合組織の炎症により痛みが出ます。場所を特定できる痛みがあり、その周囲に硬さがみられます。

● 筋肉痛、筋攣縮、筋疲労
背中が丸くなるなど、姿勢の悪さにより長時間筋肉にストレスをかけた場合にみられます。

● 変形性脊椎症
長年にわたり腰に加わったストレスにより、骨・軟骨の変形と椎間板の弾力性の低下がみられます。変形だけでなく、椎間板、腰の関節、筋肉疲労など様々な要因が痛みにつながっています。

● 心因性
腰痛症の診断で、様々な検査や原因を除外した後に、診断されることがあります。


痛みの原因は姿勢悪化の積み重ね
慢性腰痛症は、長い年月をかけてつくられてきた姿勢の悪さや、腰にストレスのかかる動きの習慣に原因があります。悪い状態から抜け出せなくなり、慢性的な痛みが続いているのです。

原因を解決すれば改善する
痛みの原因は腰だけではなく、全身に複数あります。そのため原因を解決していない電気治療やマッサージといったものでは、完全に痛みを取り除くことが難しい場合があります。痛みを改善するためには、痛みの原因を捉えた全身的な調整や治療ができる専門家に依頼することをおすすめします。


フィジカルデザインは、プロスポーツ選手と研究を続けているノウハウが豊富にあります。また、貴重な練習時間などに影響しないよう夜間営業しておりますので、ぜひご検討くださいますようよろしくお願いいたします。