テニス肘の痛み

1a.png 1b.png 1d.png 1c.png

 

1e.png 1f.png 1g.png ah.png

 

bサイトマップ.pngb当店のご案内.pngbスポーツの痛み.pngbコンディション.pngbトレーニング.pngbブログ.png

フィジカルデザイン スポーツ整体スポーツの痛み > テニス肘の痛み

  

テニス肘の痛み

 

stockfoto_8795494_XS.jpg

 

テニスでは肘の外側が痛むことが多い
テニス肘は、バックハンドストローク行った時に肘の外側に痛みが出ることが多く、病院受診すると外側上顆炎(がいそくじょうかえん)という病名になります。反対に肘の内側が痛む内側上顆炎もあります。
また、テニス肘はテニスエルボー・バックハンドテニス肘・フォアハンドテニス肘とも呼ばれます。テニス肘の痛みは、力任せの無理なストロークの繰り返しや、相手の強い返球で腕の力を強く使わなければならなかった場合など、肘周囲の組織に過度なストレスがかかり続けることにより痛みが生じてきます。

肘に痛みが出る原因
肘に痛みが出ている方は、主に腕の力に頼ったサーブやストロークになっている場合が多いです。痛みの根本的な原因は、練習やトレーニングなどで股関節・胸郭・肩甲骨などが適切に動きにくくなって、どうしても腕の過剰な力を用いなければ強いショットを打てなくなっていることです。
このような状態でプレーを続けると肘周囲の組織に過剰なストレスがかかり痛みが生じます。また、同時に指や手首も過剰に使われているため、腕から手首にかけてストレスの蓄積もかなりのものになっていることも関係しています。

肘の外側の痛み:外側上顆炎(がいそくじょうかえん)
肘の外側に痛みが出る場合、外側上顆炎という病名になります。バックハンドストロークのときに肘関節の外側にある外側上顆に過剰なストレスがかかることで痛みになります。一般的に、内側よりも外側が痛むことが多い傾向にあります。

肘の内側の痛み:内側上顆炎(ないそくじょうかえん)
肘の内側に痛みが出る場合、内側上顆炎という病名になります。サーブやフォアハンドストロークのときに肘関節の内側にある内側上顆に過剰なストレスがかかることで痛みになります。テニスだけでなく、野球やゴルフなどでもみられる症状です。

靭帯損傷に至る前に対処する
肘の靭帯の損傷にまで発展すると手術も考慮しなければならなず、その代償は計り知れません。靭帯損傷にまで至れば、筋肉と違いその修復には時間を要します。そのため、腕の張りや違和感を感じるようであれば早めにスポーツ治療の専門家に相談されることをお勧めいたします。

野球肘・テニス肘の主な症状
● 肘に違和感・腕にだるさを感じる
● ボールを打つと痛みが出る

● 肘の曲げ伸ばしで痛みが出る
● 肘が突っ張る感じがする
● 肘が伸ばせない



フィジカルデザインは、プロスポーツ選手と研究を続けているノウハウが豊富にあります。また、貴重な練習時間などに影響しないよう夜間営業しておりますので、ぜひご検討くださいますようよろしくお願いいたします。

 

 

  予約.png