代表プロフィール

1a.png 1b.png 1d.png 1c.png

 

1e.png 1f.png 1g.png ah.png

 

代表プロフィール


DSC_9886.JPG

 

 


 


スポーツ整体「フィジカルデザイン」の設立



プロスポーツ選手からのご要望
私は整形外科病院などに十数年勤務していた経験がありますが、その中で担当していた入院中の複数のプロスポーツ選手から、病院の治療が終了した後に引き続きカラダの調整をしてほしい。どうしたら引き続きみてもらえるのかという問い合わせをいただくようになりました。

フィジカルデザインの設立
昼の間は病院に勤務していた関係で、夜間であれば選手のご要望に応えることができるのではないかと考え、2012年4月に深夜24時まで営業するスポーツ整体として「フィジカルデザイン」を設立いたしました。

設立後の活動
設立から3年は、依頼があったプロスポーツ選手のみを対象に、コンディションのメカニズムを研究するためにお互いに試行錯誤しながら活動しておりました。

痛みが治らない方からの依頼
設立3年目ぐらいから、学生で痛みが治らない選手をみてほしいという依頼も来るようになり、プロ選手以外にもスポーツの痛みに悩んでおられる方が多くいらっしゃるということを実感し、ホームページを開設いたしました。現在は小学生から近所の高齢者の方まで幅広い皆様からのご依頼をいただいております。

裏路地にある隠れ家的なお店
当店は本当に裏路地にある隠れ家で、非常に小さなお店で驚かれる方もいらっしゃると思いますが、身体システムの複雑さをお客様と一緒に共有しながら、スポーツ選手の方に少しでも役に立てるように、痛みの改善とコンディショニングを一体化して、カラダに関わるトータルサービスを目指しています。




私がカラダに興味を持ったきっかけ


サッカーをしていた社会人の時代
私がカラダのことについて興味を持ち始めたのは、広島県社会人リーグでサッカーを行っていた20代の頃でした。その当時は大学の電子工学科を卒業後、広島のリース会社に勤務し与信という取引会社の信用調査などを行う仕事をしていました。


トレーニングやストレッチに興味を持つようになる
その頃から、どうにかサッカーの試合で良い動きが獲得できないかと、日頃からスポーツセンターに通うようになりストレッチやトレーニングを行うことでコンディションを万全に整えようとしていました。


思うようなカラダを得られないという疑問
毎回けっこうな時間をかけてトレーニングやストレッチによる調整を行い、明日の試合は完璧に動けるはず。。。と確信して試合に挑むのですが、まずます動ける日もあれば、身体が重く全く動けない日もあり、なぜトレーニングなどの調整をしっかりと行っているのにカラダの仕上がりが毎回違うのか疑問に思うようになるのでした。




カラダのメカニズムを知りたくなる



4年間務めた会社を退職
カラダとトレーニングの関係をどうしても解決したく、約4年間勤めていた会社を退職して、スポーツインストラクターを養成する専門学校に入学し、2年間本格的にトレーニングについて学びました。

スポーツインストラクターを経験
在学中はトレーニングの勉強を行いながら、スポーツジムのスポーツインストラクターも行っていました。その頃には、ある程度のトレーニングも行えるようになり、以前よりは動ける体づくりが可能となってきましたが、それでも試合で常にベストなコンディションを出すには至らず、カラダの奥深さを痛感しました。


痛みに対応できない自分
スポーツクラブで勤務する中で、お客様の中には元気な方だけではなく、肩や膝あるいは腰など、関節に痛みがあるお客様のご利用が多いのに驚きました。しかし、医学的な知識を持たないインストラクターでは痛みのあるお客様に全く対応することができないということに愕然とし、さらに医学的な専門知識と治療技術を持ちたいと思うようになったのでした。




理学療法士という職業


理学療法士という職業を知る
スポーツインストラクターを行っている中、病院のリハビリテーションを手伝ってもらえないかという声がかかり、整形外科のスポーツクリニックでリハビリの助手を行いました。そこで初めて骨折後のリハビリや関節の痛みなどに対応する理学療法士という職業があるのを知ることとなりました。しかし理学療法科の受験が難しいのではないかという思いがまずありました。

理学療法士の養成学校が広島に開校するという情報
スポーツインストラクター養成校を卒業するころ、スポーツクリニックの理学療法士の先生から、理学療法士の養成校に受験してみてはどうかという声をいただきましたが、やはり受験科目に自信がなく躊躇しているところ、広島に広島医療保険専門学校が新しく開校するということを教えていただき、新規の学校は比較的入りやすいのではないか、また社会人入試があるというアドバイスをいただき受験を決心し、おかげさまで無事に合格することができました。


理学療法士の国家資格を取得
入学後は、一般教養の科目もあるため私にとっては非常に大変でしたが、解剖学や生理学をはじめ、整形外科、内科学、脳神経、病理学など医学全般の知識や、基本的な治療技術を習得することができました。
国家資格取得後は、総合病院で3年間勤務した後、整形外科病院に移り整形外科疾患を専門として、骨折や膝や肩の痛み腰痛などを中心に、十数年にわたり延べ10万人以上の臨床経験をさせていただきました。

プロスポーツ選手の担当
整形外科病院で主任理学療法士として勤務していたころはプロスポーツ選手のリハビリテーションを担当するようになり、怪我のリハビリから、試合に向けてのコンディション調整、専門的なトレーニングの指導経験をすることができました。そうした中、選手の皆様から退院後に引き続きカラダの調整をしてほしい、定期的にコンディションの調整やケガの予防をしてほしいというご依頼をいただくようになり「フィジカルデザイン」設立に至りました。



フィジカルデザインのコンセプト

試合や大会で理想の状態をもって、最高のパフォーマンスを発揮し結果を残したい。スポーツ選手の誰もがそう願っているはずです。

改めてカラダの動きをみつめなおしてみますと、骨や筋肉だけでなく全身を構成する全ての要素が、私たちの想像を超える絶妙なバランスで相互に連携し合い1つのシステムとして機能しているのに驚かされます。

例えば、肩や骨盤あるいは股関節といった身体の各部分は、単独で機能しておらず、体幹を中心に上半身・下半身の状態と密接に関連・影響しながらスピード、パワー、瞬発力、身のこなしといった競技パフォーマンスの全てに関わっています。

そのため、スポーツ選手はカラダの一部がわずかに変化するだけでもその影響は全身に及ぶことを理解してコンディションの設定やトレーニングをすすめなければなりません。簡単に思えるような調整やトレーニングを行うにも必ず全身状態をみながら必要なものだけを選択していく必要があるのです。

フィジカルデザインは、全身状態を把握する専門的な視点を提供いたします。今までの臨床経験をもとに、思うように調子が上がらない選手、関節などに痛みが生じている選手や、骨折や靱帯損傷などの怪我の後で競技レベルまで復帰できていない選手、また、ご自身の目標達成のために本気でもがき続けておられるスポーツ選手のために全力で活動しております。

スポーツに必要な様々な構成要素を統合し、あなたのプレースタイルをさらに魅力的なものにして頂ければと思います。 本物はあなたを自由にすることができます。