スポーツ選手が感じるカラダの感覚

1a.png 1b.png 1d.png 1c.png

 

1e.png 1f.png 1g.png ah.png

 

bサイトマップ.pngb当店のご案内.pngbスポーツの痛み.pngbコンディション.pngbトレーニング.pngbブログ.png

フィジカルデザインコンディション・ケア > スポーツ選手が感じるカラダの感覚

 

  

stockfoto_24587573_XS.jpg

カラダからの感覚(深部感覚・固有感覚)

 

技術を磨くには感覚が重要
スポーツ選手の多くは、どのようにカラダを動かせば効率的にパワーが発揮されるのかなど、常にカラダの動きはどうあるべきかを考え、試行錯誤しながら実践されていると思います。これは技術を磨いている工程になると思いますが、技術を向上させていくためにはカラダからの感覚が非常に重要になってきます。

感覚を把握できていないことも多い
実際にカラダの様々な個所に注意を向けてみると、自分のイメージとは異なった動きであったり、思いのほかどう動いているのかを感じ取れなかったり、自分のカラダでありながら正確に認識できていないことに驚きます。
このような場合は正確に同じ動作を繰り返すことや、細かなコントロールが難しくなっている可能性があります。

感覚を得るためには柔軟性が必要
カラダからの感覚を得るためには組織の柔軟性が必要となってきます。筋肉の柔軟性だけではなく、カラダを構成する全ての組織が関節の動きを制御しているため重要となるのです。結果的に関節の柔軟性が不足している方は1つひとつの関節の動きや、そのわずかな動きを制御できていないためカラダからの感覚を得ることが難しくなるのです。



カラダから受ける感覚

 

正確に動きを把握することは難しい
首や肩甲骨、脊椎や胸郭など特に多くの関節で構成されている場所は、どのように動いているか、また、どの方向に重心を移すことが難しいかということまで気づくことは稀です。また、それらを問われても、動きのメージができていなければ、なかなか正確に認識することは難しいものです。

カラダからの情報である深部感覚
姿勢やフォームの変化、運動時における関節の動きや抵抗感、さらに、重さの感覚や努力の程度といった、体から受ける感覚のことを深部感覚といいます。また、深部感覚は自分自身の内部環境から刺激を受けているため、固有感覚ともいわれています。 

深部感覚からの情報
深部感覚のセンサーは、関節、筋肉、腱といった組織の中にあり、重力を感知する前庭器官の信号や皮膚などの感覚刺激とを合わせて、姿勢や運動のコントロールをするために重要なのですが動きがなければ感覚を得ることができません。そのため柔軟性が重要になってくるのです。

深部感覚は技術にも影響する
あなたの深部感覚は、技術、パフォーマンス、コンディションなどと密接に関係しており、精度の高い運動や効率的でスムーズな運動を行うためには非常に重要となります。



すべてをコントロールできない動き

 

すべての動きはコントレールできない
通常、カラダの動きは自分の意志で行っており、すべてコントロールできていると思われていますが、実際の動きは深部感覚、運動のイメージ、運動方向、スピード、関節の安定性や柔軟性、発揮される筋力、各部との協調性などと組み合わされ、自律神経制御によって、無数にある運動パターンの中から、現状で最も効率的なものが無意識的に選択されています。


カラダの硬さは感覚が悪い
不安定な関節を支えるために緊張を強め硬くなっているような状態は、深部感覚が低下しており、習慣的に動きが制限されています。こうした
状況は努力的で非効率な動きとなって全身に拡大し、その積み重ねはコンディションを大きく悪化させていく要因となります。

深部感覚の重要な役割
コンディションを圧倒的に高めておかないと正確に認識されにくい深部感覚からの情報ですが、カラダの中では正確に処理されており、フォームや運動のパフォーマンス、技術の習得などと密接に関係しているのです。 


フィジカルデザインは、プロスポーツ選手と研究を続けているノウハウが豊富にあります。また、貴重な練習時間などに影響しないよう夜間営業しておりますので、ぜひご検討くださいますようよろしくお願いいたします。


参考文献  

細田多穂:姿勢制御.理学療法ハンドブック:195-2222002. 
R.Louis Schultz:固有受容感覚.エンドレス・ウェヴ:101-1032011.