ご来店から施術までの流れ

1a.png 1b.png 1d.png 1c.png

 

1e.png 1f.png 1g.png ah.png

 

bサイトマップ.pngb当店のご案内.pngbスポーツの痛み.pngbコンディション.pngbトレーニング.pngbブログ.png

フィジカルデザイン当店のご案内 > ご来店から施術までの流れ

  

 

痛みは原因があるので必ず改善します。

今まで行った治療であきらめないでください。

 

①ご希望やお悩みの確認

 

stockfoto_97111596_XS.jpg

 

あなたのご希望を伺います
あなたが困っていること、改善したいこと、カラダで気になっていることなど、日ごろ感じていらっしゃることをそのままお話しください。些細なことと思われても改善のための重要なヒントになります。どんなことでも結構ですのでお話ください。ご要望をお聞かせください。

例えば
● 数週間前から痛みがあるが治らない
● 病院で治療を続けたが痛みが変わらない

● 他店に行っているがまともな治療をしてもらえない
● いつまでに改善する必要がありますか

痛みの原因を教えてほしい
● カラダが硬いのを改善してほしい

定期的なメンテナンスを行いケガを予防したい
スポーツのパフォーマンスを向上させたい
疲労をとって思うように動きたい
● すぐに疲れるカラダを改善したい


このようにお話を伺いながら、ご希望の確認をしていきます。




② 痛みや不調の確認

 

stockfoto_97113519_XS.jpg

 

今までの経過と現在の状況を教えてください
痛みや不調を改善するためには、現在の状況をしっかりと確認しておくことが重要となります。ここでも日ごろ感じていらっしゃることを何でもお話しください。些細なことでも改善のためのヒントになります。

例えば
● いつごろからですか
● 何かきっかけがありましたか
● どこが痛むのですか
● 今痛いですか、何かをしたら痛くなりますか
● 痛みや不調が何に影響を及ぼしていますか
● スポーツやお仕事でどのようにカラダをお使いですか
● ご自分で何が原因だと思われていますか
● 楽になることがありますか

このようなことをお聞きしながら、痛みやカラダの状態をみていきます。




③ 痛みの状態・全身状態のチェック


 

stockfoto_97112437_XS.jpg   

原因の確認は最も重要
痛みの原因は、カラダの複数の場所に隠されていることが多いため、必ず全身状態のチェックをする必要があります。痛みや不調の原因を明確にしなければ、改善することができません。そのため現在の状態を把握することは最も重要となります




④ 痛みの改善・動きの獲得


 

stockfoto_97113453_XS.jpg

 

全身の調整をすすめます
あなたからのご希望や、現在の状態をふまえながら、カラダの調整を行っていきます。痛みや不調の原因は必ず複数存在するため時間をかけて丁寧に修正する必要があります。途中で何度か動きや反応を確認しながらあなたが理想とする状態を目指します。ある程度全身状態が整ってくれば体幹の反応を促すような非常に簡単なトレーニングを行うこともあります。ライトコース50分のお客様は全てを調整することは難しいので通常2~3回に分けて調整を行います




⑤ 痛み・コンディションの再確認


 

stockfoto_97113519_XS.jpg

カラダの調整を行った後には、最終的な痛みの確認や動きの反応をチェックしてきます。また、痛みや不調に至った原因などをお話しいたします。ご質問や、疑問などがございましたら遠慮なくお聞きください。



トレーニングをご希望のお客様にはフォームや動作のチェックやプログラムをご提供します
⑥ 筋力トレーニング

 

stockfoto_56528865_XS.jpg

あなたのご要望や、パフォーマンス向上の目的のために筋力、筋持久力、あるいはパワーアップのプランを立てて、筋力トレーニングを行います。

ウエイトトレーニングだけでなく、PNFを用いたトレーニングも行うことができます。ウエイトトレーニングは、実際のスポーツ競技と異なる動作になることが多いため、筋力トレーニングを行う時期・負荷の設定・動作、その後のメンテナンスには特に注意が必要です。



⑦ 動きのトレーニング

(ファンクショナルトレーニング)


 

stockfoto_74083501_XS.jpg

 

実際のスポーツ競技に近い動きを用いた、機能的な動きを獲得するトレーニングになります。固有受容器からのフィードバックを用い、全身をコントロールしながらスポーツ競技で必要とされる動作パターンを獲得します。



⑧ 瞬発力トレーニング

(プライオメトリックトレーニング)


 

gahag-002792.jpg

筋肉や腱が本来持っている弾性要素と伸張反射の両方を利用し、多くのスポーツ競技のパフォーマンスにおいて重要となる爆発的パワーやスピードを獲得します。