ブログ スポーツ整体 フィジカルデザイン広島

2022-05-25 01:53:00

YouTubeなど動画サイトのメニューを行うことで逆にコンディションを崩されている方も多い

皆様いつもご利用いただき誠にありがとうございます。本日のテーマは「YouTubeなど動画サイトのメニューを行うことで逆にコンディションを崩されている方も多い」です。

当店を始めてご利用されるお客様の中には、「病院や治療院へ通ったけれども治らないんです」と訴えられご来店いただける場合も多いのですが、

最近は「病院に行ったり、YouTubeなどの動画サイトで紹介されている治療法をいくつも試みたけど治らないんです」と訴えられる方も少なくありません。これには時代の流れを感じずにはいられませんね。

皆様、自分に合う対処法がないものかと苦労して探され、取り組まれているのだと思いますが、なかなか効果が得られないことも多いようです。

〇〇の治療方法と紹介されているものを試みてもなかなか良くならないのはなぜか?ズバリその答えは一人ひとり状態が異なるので「○○の痛みの治し方」を行っても治療にならないからです。

これに驚かれる方もあるかもしれませんが、私たちは体格も体重も違いますし、普段の練習内容や練習量、トレーニングの頻度、ストレッチのメニューや時間も、その他日常生活のすべてが一人ひとり異なります。

要するに、痛みが同じ場所に出ていても、今までの経過やカラダの状態は一人ひとり異なるため、行う治療も一人ひとりの状態を詳細にみながら異なる対応をしていかなくてはならないのです。

しかし、動画サイトなどによりカラダの状態に適してない治療をすすめることで、さらに状態が複雑化し結局治らなかったということになりかねません。これは治療院などで誤った治療を行った場合も同様です。

学生の方の中にも多いのですが、YouTubeの有名トレーナーが紹介していたメニューを続けることで逆にコンディションが大きく崩れてしまい不調や痛みにつながることが少なくありません。

手あたり次第に紹介されているメニューを行ってもなかなか結果が出るものではありません。パフォーマンスを上げていくことや痛みを改善するにしても、やはりスポーツの動作を理論的に考え戦略的に良い実績を積み上げていく必要があります。

痛みやパフォーマンスなどカラダのことでお困りの場合は、ぜひスポーツ治療の経験が豊富で全身状態を把握することができるスポーツの専門家にご相談されることをおすすめいたします。


フィジカルデザインは、スポーツ選手の痛みへの対応だけではなく、スポーツ選手のコンディションやトレーニングについても徹底的に研究しております。皆様のご活躍を応援しております。

フィジカルデザイン

 

2021-10-07 22:52:00

痛みはなぜ出るのか

皆様いつも忙しくさせていただいており誠にありがとうございます。本日のテーマは「痛みはなぜ出るのか」です。

スポーツ選手にとって痛みは避けたいものですが、一生懸命に競技を行っていれば痛みを生じることもあるはずです。

お客様からも、なぜ痛みが出るのかと問われることもあるのですが、スポーツ選手が経験する痛みの多くは警告の痛みです。

日頃の練習などによりカラダが思うように動かなくなり、関節や組織に過剰なストレスが生じていることをあなたに知らせてくれているのです。

痛みの原因は筋力の低下であると考えていらっしゃる方もみられますが、ほとんどがカラダのメカニズムの問題で、健全に動くことができる状態に戻すことができれば痛みが出ることはありません。

ストレッチを行っているのに痛みが出たと悩まれる方もありますが、ストレッチで全て問題解決していればよいですが、なかなか難しいものです。

ご自分でできる限りメンテナンスを行われていても、長年競技を行っていることによる疲労が徐々に積み重なり痛みを生じることも多々あります。

痛みが出れば驚かれると思いますが、痛みを出すことにより大きなけがに発展することを防いでくれているのです。しかし、痛み止めなどを用いていると確実にカラダは壊れます。


適切な状態を保つことができれば痛みなくスポーツは行えます。痛みなくあなたの思い通りの練習を行っていくことがスポーツパフォーマンス向上の近道であり、フィジカルデザインが目標としているものです。


フィジカルデザインは、スポーツ選手の痛みへの対応だけではなく、スポーツ選手のコンディションやトレーニングについても徹底的に研究しております。皆様のご活躍を応援しております。

フィジカルデザイン

2021-09-24 01:51:00

シンスプリントの痛み

皆様いつも忙しくさせていただいており誠にありがとうございます。本日のテーマは「シンスプリントの痛み」です。

シンスプリントは主に走る競技に多く、ふくらはぎの内側に沿った痛みが出るものをいいます。陸上競技では特に多く、部活のメンバーで悩まれている方も多いと聞きます。

痛みにおいては原因に対処しないと再発を繰り返すため、しっかりとした対応が求められます。

治らない方にどのような対応を行いましたかと問うと「電気治療と痛みが出る場所のマッサージです」といった返答も多く、原因に対処できていない場合が多々あります。

スンスプリントの原因は股関節の”つまり”です。股関節が自由に動かないため大殿筋やハムストリングスが機能できず、ふくらはぎに大きな負担がかかり頑張っているのですが、走る動作の負荷に耐えきれなくなって痛みが出るのです。

それならば、股関節のつまりを改善すれば治るのでは?と思われるでしょうが、痛みが出る数か月前から股関節の難しさを補ってきたカラダの変化は多種多様です。それはそれは私でも驚くような変化が起きているのです。

痛みに対応するためには、それらの原因に対し一つひとつ対処していく必要があり、明日にはある程度走れる状態に修正するためにはなかなかの仕事量になりますが、できる限り短期間で結果が出るように頑張っております。

ぜひシンスプリントでお悩みの場合はご検討ください。



フィジカルデザインは、スポーツ選手の痛みへの対応だけではなく、スポーツ選手のコンディションやトレーニングについても徹底的に研究しております。皆様のご活躍を応援しております。

フィジカルデザイン

2021-08-28 10:16:00

痛みの場所と原因は異なる

皆様いつも忙しくさせていただいており誠にありがとうございます。本日のテーマは「痛みの場所と原因は異なる」です。

いつも当店をご利用いただいているお客様は、実際に経験されてイメージがつきやすいかとは思いますが、関節の痛みなどの場合、痛みが出ている場所がその原因でない場合が多いです。

常識的に肩が痛ければ、肩が悪いんだと思ってしまいますが、そう決めつけてしまうと痛みは治りません。

痛みが出ている場所に電気を当ててみたり、マッサージなどで肩だけを治療してみても根本的な治療にならないのは原因が異なっているからです。

肩の痛みで言えば、肩甲骨・首・脊柱・胸郭・股関節、またそれぞれがどのように制御されているか確認していく必要があります。

私は、痛みが出ている場所は正常な場所で、一人で頑張っているから痛みが出てくるのだと考えています。

痛みの改善はあまり難しく考える必要はありません。一部分だけに負担がかからないようカラダ全身で助け合いができる状態に戻してあげれば痛みは改善していきます。

そのため痛みの原因は痛みが出ている場所ではなく、全身に複数あると捉える必要があるのです。


フィジカルデザインは、スポーツ選手の痛みへの対応だけではなく、スポーツ選手のコンディションやトレーニングについても徹底的に研究しております。皆様のご活躍を応援しております。

フィジカルデザイン

2021-08-20 00:44:00

原因を決めつけていると失敗する

皆様いつも忙しくさせていただいており誠にありがとうございます。本日のテーマは「原因を決めつけていると失敗する」です。

私が病院で勤務したての頃は、経験が浅かったので痛みの原因を決めつけていたことが多々ありました。

例えば腰痛の原因は股関節、ひざの痛みは大腿四頭筋、肩の痛みは肩甲骨といったようにです。

この決めつけの要因は、当時のレベルでは全身状態を短時間で把握することが困難でしたので、原因決めつけておかないと対応が難しかったのではないかと思います。

決めつけておけば、あまり考えなくても済むので楽なんです。


しかし、これでは痛みが改善しないケースが多々出てくるため結局自分が苦しむことになったのです。

それから10年近く試行錯誤が続きましたが、
短時間で結果を出すために重要なことは、余分なことは何も考えずお客様の訴えをできるだけ聞き取り、先入観なく現在のありのままの状態を感じ取ることだったのです。

痛みや不調の原因を決めつけていると必ず失敗します。今でも非常に気を付けているポイントです。


フィジカルデザインは、スポーツ選手の痛みへの対応だけではなく、スポーツ選手のコンディションやトレーニングについても徹底的に研究しております。皆様のご活躍を応援しております。

フィジカルデザイン

1 2