ブログ

2021-08-28 10:16:00

痛みの場所と原因は異なる

皆様いつも忙しくさせていただいており誠にありがとうございます。本日のテーマは「痛みの場所と原因は異なる」です。

いつも当店をご利用いただいているお客様は、実際に経験されてイメージがつきやすいかとは思いますが、関節の痛みなどの場合、痛みが出ている場所がその原因でない場合が多いです。

常識的に肩が痛ければ、肩が悪いんだと思ってしまいますが、そう決めつけてしまうと痛みは治りません。

痛みが出ている場所に電気を当ててみたり、マッサージなどで肩だけを治療してみても根本的な治療にならないのは原因が異なっているからです。

肩の痛みで言えば、肩甲骨・首・脊柱・胸郭・股関節、またそれぞれがどのように制御されているか確認していく必要があります。

私は、痛みが出ている場所は正常な場所で、一人で頑張っているから痛みが出てくるのだと考えています。

痛みの改善はあまり難しく考える必要はありません。一部分だけに負担がかからないようカラダ全身で助け合いができる状態に戻してあげれば痛みは改善していきます。

そのため痛みの原因は痛みが出ている場所ではなく、全身に複数あると捉える必要があるのです。


フィジカルデザインは、スポーツ選手の痛みへの対応だけではなく、スポーツ選手のコンディションやトレーニングについても徹底的に研究しております。皆様のご活躍を応援しております。

フィジカルデザイン