ブログ

2021-08-20 00:44:00

原因を決めつけていると失敗する

皆様いつも忙しくさせていただいており誠にありがとうございます。本日のテーマは「原因を決めつけていると失敗する」です。

私が病院で勤務したての頃は、経験が浅かったので痛みの原因を決めつけていたことが多々ありました。

例えば腰痛の原因は股関節、ひざの痛みは大腿四頭筋、肩の痛みは肩甲骨といったようにです。

この決めつけの要因は、当時のレベルでは全身状態を短時間で把握することが困難でしたので、原因決めつけておかないと対応が難しかったのではないかと思います。

決めつけておけば、あまり考えなくても済むので楽なんです。


しかし、これでは痛みが改善しないケースが多々出てくるため結局自分が苦しむことになったのです。

それから10年近く試行錯誤が続きましたが、
短時間で結果を出すために重要なことは、余分なことは何も考えずお客様の訴えをできるだけ聞き取り、先入観なく現在のありのままの状態を感じ取ることだったのです。

痛みや不調の原因を決めつけていると必ず失敗します。今でも非常に気を付けているポイントです。


フィジカルデザインは、スポーツ選手の痛みへの対応だけではなく、スポーツ選手のコンディションやトレーニングについても徹底的に研究しております。皆様のご活躍を応援しております。

フィジカルデザイン