ブログ

2021-10-20 20:50:00

ストレッチの難しさ

皆様いつもご利用いただき誠にありがとうございます。本日のテーマは「ストレッチの難しさ」です。

当店を初めてご利用されるお客様において「ストレッチを行っているのですがなぜ痛みが出るのですか?」と問われることが多々あります。

いつも時間をかけてストレッチを行っているのになぜ痛みが出るんだ?と思われるのは当然のことだと思います。

ストレッチを行っているのに痛みが出るのは大きく3つあると思います。

①関節が動かないためストレッチできていない
②ターゲットの筋肉がストレッチされておらず他の場所がストレッチされている
③一方向ばかりストレッチされておりカラダのバランスが崩れている

とにかく、ストレッチを行えば柔らかくなると思いがちですが、なかなか柔軟性が向上してこないのはこれらの理由があるからです。

このため、徐々に疲労が蓄積し力を用いて無理に動かそうとするために警告の痛みが生じるのです。

また、開脚が重要だと指導され、そればかり時間をかけて行うために股関節や体幹のコンディションが崩れ不安定性が出現しているため、逆に脚の緊張が増していることなども多々みられます。

しかし、中には全くノーメンテネンスの方もいらっしゃいますので、ストレッチを行われる方は競技に対する意識が高いのだと思います。

ストレッチも、本格的に行うならば正しい知識を必要とされますので、一冊本を購入されるのも良いと思います。

何か疑問があれば遠慮なくご質問していただければ確認して指導いたしますのでお気軽にお問い合わせください。



フィジカルデザインは、スポーツ選手の痛みへの対応だけではなく、スポーツ選手のコンディションやトレーニングについても徹底的に研究しております。皆様のご活躍を応援しております。

フィジカルデザイン