肩の痛みとその対応

1a.png 1b.png 1d.png 1c.png

 

1e.png 1f.png 1g.png ah.png

 

stockfoto_12859813_XS.jpg
            

 
スポーツによる肩の痛み


腕を大きく動かすスポーツに多い

スポーツにおける肩の痛みは、野球をはじめ、バレーボール、ゴルフ、水泳、テニスなど、腕を大きく回転させる動作や、力強く腕を振るような動作を繰り返し行うスポーツで多い傾向にあります。

小学生からプロ選手まで年齢は様々
肩の痛みを生じる年齢は様々で、小学生から50歳代といった幅広い層でみられます。また、運動を始めたばかりの初心者からプロスポーツ選手に至るまで競技レベルにおいても様々です。さらに、痛みの原因においても多種多様で、痛みが同じような場所に出ていても、一人ひとり原因を探り段階を追って適切な対応をしていく必要があります。


肩の痛みで多いのが「野球肩」
野球による肩の痛みは「野球肩」と名前がつくように、肩の痛みの中でも多い傾向にあります。一般的に野球肩、四十肩、五十肩などは非常に有名ですが、行っているスポーツや年齢における肩の痛みを総称したものであって正式な病名ではありません。




肩の痛みが出る原因


肩の痛みの根本的な原因

肩の痛みの原因は、どのくらい前から、どう動かしたときに、どこに痛みが出るか、また痛みはどの程度なのかによって、その原因は様々に考えらます。しかし、スポーツにおける根本的な痛みの原因としては、全身的な影響により腕が動きにくくなっているのを「肩が頑張って補う状況が続いた」ということが考えられます。

通常は肩だけを過剰に動かす必要はない
全身状態が良好であれば、肩だけが大きな動きをする必要はありません。股関節、骨盤、背骨、肩甲骨といった総合的な関節の動きによって、肩は非常に大きく力強い動きが可能となっているからです。しかし、全身の柔軟性が低下している場合は、比較的大きく動かすことが出来る肩に許容範囲を超えてしまうほど過度なストレスが加わることになります。

痛みは関節の損傷を防いでいる
組織への危険なストレスは「引っ張られる力」「圧迫される力」「横へずれる力」など、それらが複合的に加わったものになります。これらが持続的に加わると、その異常を感知したカラダは痛みを出してあなたに知らせます。あなたにとって痛みはできるだけ避けたいものだと思いますが、痛みは大きな損傷に発展しないようにカラダを防御し、その異常をあなたに知らせてくれているのです。




早めの対処でスポーツを休まない


 

初めのサインを見逃さない
非常に強い痛みによりスポーツが続けれなくなった方は、数週間前から運動後の「違和感」や「軽い痛み」など、何らかのサイン(自覚症状)があったにもかかわらず、練習も休めないし「自然に治るかも」と、その後も無理して運動を続けてしまったという方に多くなります。

病院受診を避けてしまう現状
スポーツ選手の多くは練習も毎日続き、土日には試合などがあるため、病院など医療機関へ受診する時間が非常に限られます。また受診しても運動の中止を指示され、競技を続けることが困難になってしまうため、できるだけ病院受診を避けるような傾向もみられます。

痛みを訴えることが出来ない現状
痛みや違和感に不安を感じていても、レギュラー争いから脱落したくないため、監督やコーチ、トレーナーに訴えることもできないような状況もみられます。中には指導者から痛みがあるなんて普通で、みんなどこかが痛いんだと言われたと訴える選手もありました。しかし、肩の痛みはスポーツ動作に大きく影響を及ぼすため早めに対処していく必要があると思います。

警告の痛みの段階で対処する
肩を動かす時にある場所で痛みが出る、また、運動後に痛みが出るといったような場合は、ケガに至った痛みではなく「警告の痛み」だと考えています。炎症による痛みは非常に痛く、熱を持っていたり、腫れたり明確な症状が出ます。このような炎症による強い痛みになる前に適切な対応をしていくことが重要です。

早めに対処すれば休む必要はない
結論から申しますと肩の痛みは肩が悪いことを示しているのではありません。痛みはこのまま肩だけが無理をすると肩が壊れますよという警告なのです。そのため、まだ練習を続けることが出来ている段階で、早めに対処すればスポーツを休むことなく改善することが出来ます。

改善が難しければスポーツの専門家へ依頼
肩の痛みを改善するためには、必ず全身的な変化を見逃してはなりません。特に肋骨や脊柱を含めた体幹や股関節に目を向けていく必要もあり、正確に把握することは容易ではありませんので、短期間で痛みを改善するためにはスポーツ治療の専門家に相談されることをおすすめします。




肩の痛みの改善方法


まずは医療機関に受診
すでに非常に強い痛みが肩に出ていて、腕を上げることさえ難しいような場合は、まず医療機関においてどこが損傷を受けているか診断を受ける必要があるでしょう。スポーツ活動復帰のためには診断結果をもとに、痛みを生じている原因を突き止めて適切に対応していくのが最も近道となります。

どこが動いていないのか
肩に痛みがあっても痛みの原因は肩だけではありません。確かに肩の動きも悪くなっており関節へのストレスも生じているかもしれませんが、肩がなぜ頑張らなくてはならなくなったのか全身を視野に入れ確認しなければなりません。

股関節、体幹、肩甲骨の柔軟性
肩にストレスを生じる原因として代表的なものが股関節、体幹(背骨・肋骨)、肩甲骨の柔軟性です。肩の痛みを改善していくためにはこれらの関節がスムーズに動かなくてはなりません。股関節は上半身全体の土台。体幹は肩甲骨の土台。肩甲骨は腕の土台となっているからです。


ストレッチでは改善が難しいことも
自分のカラダに興味をお持ちの方の中には、ストレッチで痛みを治そうと試みられる方もあるかもしれません。しかし、ストレッチは柔らかい部分は伸ばしやすいのですが、長期間動かなくなっているような部分を伸ばすのは苦手です。しかし、ストレッチを行うことは悪いことではありません。特に動きにくい場所を念入りに時間をかけて無理のない範囲で伸ばしていくことが出来れば効果が表れるかもしれません。


肩が弱いわけではありません
関節の痛みが出た場合、そこが弱いと考え筋肉のトレーニングを行われる方もありますが、筋力トレーニングによって、さらに肩の負担を助長することにつながり大きなケガに発展する可能性もあるためお勧めはできません。


早期の解決をご希望であれば専門家へ依頼
全身をチェックして複数の原因を探るためには時間もかかり、スポーツに対する専門的な知識や技術が必要となりますので病院では対応が難しいこともあると思います。肩の痛みや違和感でお悩みで、短期間の改善をご希望の方はスポーツ治療の専門家に相談されることをお勧めいたします。



フィジカルデザインは、プロスポーツ選手と研究を続けているノウハウが豊富にあります。
また、貴重な練習時間などに影響しないよう夜間営業しておりますので、
ぜひご検討くださいますようよろしくお願いいたします。