スポーツよる腰痛の原因とその対応

161102001002-5818b04a1f597[1].png 選ばれる理由.png メニューと料金.png よくある質問.png 

 

お客様からの声.png ネット予約.png 店舗情報.png 道案内.png  

 

stockfoto_22061349_XS.jpg

 

はじめに



スポーツ選手にとって腰は最も重要な場所であるといっても過言ではありません。なぜなら腰は上半身と下半身をつなぎ合わせ、ダイナミックな動きを実現するために非常に重要な場所になるからです。

例えば、ランニングやジャンプ、あるいはゴルフのスイング、投球動作、スパイクといったダイナミックな動作において、腰は上半身と下半身をつなぎ、腕や脚と共に連動させることで効率の良い動きを生んだり、動作に先立った重心のコントロールを常に行っています。

そのため、腰に痛みがあると全身の連動を用いることができないため、競技パフォーマンスは大きく低下してしまいます。それだけ腰痛はスポーツ選手にとって致命的となります。また、痛みに関して言えば、腰痛に限ったことではありませんが、例え痛みの場所が同じでも、痛みの原因はそれぞれが異なるため、適切に痛みの原因に対応できなければ慢性的な経過になりやすく、再発を繰り返すことも少なくありません。



スポーツ選手に多い腰痛とは



腰痛は幅広いスポーツ種目でみられ、痛みの中でも最も頻度が高いとされています。一般的に腰の痛みのことを腰痛と呼んでいますが、それは腰の痛みを全般的に捉えたもので、実際にはいくつかの種類があります。

そのなかでも、スポーツ選手に多くみられるのが「筋・筋膜性腰痛症」といわれる腰痛になります。レントゲン検査で骨に問題がないもので、一般的にはスポーツ活動によって腰周囲の筋肉や筋膜などの組織に、過剰な負担がかかったため腰に痛みが出たものとされますが、単純に筋肉の硬さが痛みの原因ではないということを理解しておく必要があります。

また、腰椎分離症・腰椎すべり症と診断されている方でも、骨そのものの痛みよりも、筋・筋膜性腰痛症によるものや仙腸関節など関節が動きにくくなったことによる痛みではないかと思われる方も少なくありません。



腰痛の原因



一般的にスポーツ選手の腰痛で第一の原因として挙げられるのが、使い過ぎによるオーバーユースだと考えられています。ハードな練習や試合によって腰を使いすぎたため炎症を起こし痛みが出てきたというものです。病院を受診されるとこのように説明されることも多いと思います。

しかし、全身の状態を確認していくと、単純に腰の「使い過ぎ」や「柔軟性の低下」だけが痛みの原因ではないということが解ってきます。確かに腰の張りがある場合などはそのを伸ばしたりするとその時は楽になることもあるのですが、しばらくするとすぐに硬さが戻り痛みが出てきやすくなると思います。

このように、直接痛みが出ている場所に対して対処してみても、どうもすっきり治らないとい方が多いのではないでしょうか。そこで腰痛みがなかなか治まらないと言われる方の痛みの原因を根本的に探っていくと、腰を使いすぎたというのではなく、腰が「過剰に働かなければならなくなった」という原因がカラダに隠されているということが理解できます。

本来、全身が調和して活動することができていれば、腰だけに負担がかるということはないのですが、背中が丸くなったり、体が傾いていたり、股関節が曲がらなくなっていることによって腰が不安定になっている場合が多々みられます。そのような場合、カラダは腰に緊張を作ることでなんとか安定を保とうと努力してきます。

要するにカラダは不安定になっている腰をなんとか「安定」させようと過剰に働いてくれているのです。しかし、腰だけがいくら頑張っても本当の意味でカラダを安定させることは難しいのですが、そのような状態でスポーツ活動などを行えば腰はさらに過剰な緊張をつくって疲労が積み重なってきます。そして腰の疲労も限界に近づくと組織の損傷を防ぐため痛みを出して危険を知らせてくれているのです。

多くの方が、痛みが出ている場所、腰痛であれば「腰が悪い」「腰が弱い」と思われる方がほとんどだと思いますが、腰に大きな負担をかけている上半身や股関節といった腰とは別の場所に本当の痛みの原因があるのです。腰痛の「痛み」は決して悪いものではなく、腰が壊れるのを防ぐために痛みを出しているのにすぎません。




代表的な腰痛

 

1.筋・筋膜性腰痛症
腰やお尻などの痛みが主な症状で、一般的に腰痛症されるのがこのれです。筋肉や筋膜由来のもので、レントゲンやMRIの検査で特に異常はなく、脚に「しびれ」といった神経症状がない腰痛のことを「筋・筋膜性腰痛症」といいます。

軟部組織への疲労物質の蓄積によって筋肉などに硬さがみられます。また、神経への血行障害によっても痛みが起こると考えられています。さらに、結合組織の増殖による組織の癒着も痛みの原因と考えられます。これらは炎症、血行障害、痛みといった悪循環をつくっていきます。


2.腰椎分離症・腰椎すべり症
腰椎分離・すべり症は、成長期に生じる背骨の疲労骨折の一種となります。通常は6~12歳くらいの時に行われた激しいスポーツ活動により腰椎へ過剰な負荷がかかり発症しますが、その時に必ずしも激しい腰痛が出るとは限らないため早期発見が難しいとされています。

診断は、整形外科で行われ、レントゲンで関節突起の亀裂が認められます。症状は腰痛が主体で、体を後ろにそらすと腰痛が強くなりますが、時に脚にかけて痛みが出ることがあります。

種目別には、ハンドボール、バドミントン、バスケットボール、レスリング、ラグビーなどのコンタクトスポーツに特に多くみられます。


3.椎間板ヘルニア
椎間板ヘルニアは、腰椎の椎間版の中にある髄核が後方に押し出されることにより神経を圧迫したものになります。腰の痛み、お尻や脚にかけて痛み・シビレ(坐骨神経痛)が生じるのが特徴です。

スポーツ活動による腰へのストレスは原因の1つとして考えられています。腰痛やお尻や脚への痛みやシビレがあるかどうかが診断のポイントとなります。



腰痛を改善するために


突然、腰に強い痛みが出てしまった場合には起き上がることや、歩くことも難しくなると思います。このような時には無理をせず安静にしておくことも必要だと思います。しかし、安静にしていて痛みが落ち着いても、腰痛の原因が解決されていなければ競技復帰しても腰痛が再発するなど問題の解決になりませんので、腰痛を治すためには、なぜ痛みが出たのかその根本的な原因を特定して改善を図っていくことが重要になってきます。

痛みは、あなたのカラダが発信している警報ですので、その警報装置がなぜ作動したのか原因を特定しなければなりません。例えば、火災が起きた時に火元を特定せず、いきなり火災報知器のスイッチを切ることはしないと思います。これと同様で、痛みの原因を特定せずに「痛み止めの薬」や「痛み止めの注射」をしてもますます被害を広げるばかりで問題解決にはなりません。

腰痛を改善するためには、ご自分で行うには大変な作業になりますが、まず全身状態を確認して「動きにくい場所」「左右の差がある場所」を見つけていく必要があります。

全身状態のチェック
①腰の動き
反っているか、丸くなっているか、左右に偏っていないか

②骨盤の動き
前に傾いているか、後ろに傾いているか、左右へ傾いていないか、骨盤が開いていないか

③股関節の動き
膝を胸のほうまで近づけて股関節が曲げられるか、腰が反らずに股関節を後ろに伸ばせるか、内側にしっかり曲げられるか、外にしっかり広げられるか、ひざを伸ばしたまま股関節を曲げ脚を上げられるか

④胴体の動き
後ろを振り向けるぐらいしっかりと胴体は回るか、左右へ傾いていないか、腕がしっかりと挙げられるか

これらの動きを詳細に確認すると必ず左右差や、あまりにも動かない場所が出てくると思いますので、それらを総合的に分析して痛みの原因を探っていくことになります。

しかし、痛みの原因を特定することは容易ではありません。痛みが同じ場所に出ていたとしても、その原因は1人ひとりが異なるからです。ですが、痛みの原因に適切に対処することができれば必ず痛みは無くなります。



腰痛の予防方法

 

腰痛を予防するためには、筋力の強さや柔軟性がどれだけ優れているかではなく、柔軟性をもった股関節と体幹を適切にコントロールするインナーマッスルの能力が非常に重要となってきます。

そして、あなたが腰痛を予防していくためには、筋力トレーニングで腹筋や背筋をガチガチに強化することではなく、どれだけ動いても腰に負担がかからない全身状態に調整していくことが最も重要になってくるのです。そのためには特に股関節や体幹などの柔軟性とインナーマッスルの反応を呼び起こさなくてはなりません。

しかし、いざ柔軟性を得ようとしてストレッチやマッサージを行ってもなかなか改善せず、次の日には「元に戻っている」ということも多いと思います。 また、インナーマッスルが重要だと考え、いわゆる体幹トレーニングを試みても逆に大きな筋肉が張ってくるばかりで、その「効果が実感できない」ということが少なくありません。

カラダの柔軟性が維持できない理由は非常にシンプルです。硬さがあるカラダは、動きの安定を図るためにその硬さが必要な状態となっているのです。本来、大きな筋肉は動きを必要とする時だけ積極的に活動してほしいのですが、何らかの原因でカラダの安定性が保てない方は、すでにインナーマッスルが活動しにくくなっているため、それを補うように大きな筋肉が「関節の安定」と「動き」を同時に提供しながら働く必要があるのです。

こうしたことはカラダを動かすためには非常に効率が悪く、例えるならば「車のブレーキを踏みながらアクセルを踏んでいる状態」と同様です。筋肉に余分な力ばかりが入り、思うように動くことができません。カラダが硬くなかなか柔軟性が得られないというのはこのような理由があるのです。

スポーツ選手に腰痛があれば思うように動けず本来のパフォーマンスを発揮することができないため、一日も早く腰痛を改善したいと思われるでしょう。しかし、本当の意味で腰痛を改善するためには、全身状態を把握する専門的な知識や技術が必要となります。 痛みを早く改善するためには、カラダの状態を把握して全身を適切に調整することができる痛み改善の専門家にご相談されることをおすすめいたします。


フィジカルデザインは、プロスポーツ選手と研究を続けているノウハウが豊富にあります。また、貴重な練習時間などに影響しないよう夜間営業しておりますので、ぜひご検討くださいますようよろしくお願いいたします。