スポーツの痛みになぜ悩むのか

1a.png 1b.png 1d.png 1c.png

 

1e.png 1f.png 1g.png ah.png



stockfoto_28028298_XS.jpg
            

 
スポーツ治療業界の現状


治療の選択肢
私たちが生活するうえで、腰痛などは誰もが一度や二度は経験することだと思います。またスポーツ選手においては突然のケガが生じ痛みが長引く場合も少なくありません。そこでしっかりとした治療を
希望される場合、治療方法やどれだけの治療効果が得られるかといった期待によって、病院をはじめ整体、接骨院、鍼、マッサージなどを選択されているのではないかと思います。

しかし、このように感じられる方も多い
●「病院に通っているが、この治療で本当に痛みが治るのだろうか」
●「多くの治療法があるが、いったいどれを行えば治るのだろうか」 
●「自分の症状に合っているのはどの治療法なのだろうか」 
●「これで治ると宣伝しているが本当に大丈夫だろうか」


画一的な治療法はない
多くの方は、腰痛、ひざの痛み、肩の痛みなど、それぞれの治療法があると思われている方が多くいらっしゃいます。また、治療者においても、この症状なら○○法といったような治し方の方法論を学ぼうとされる方が多くいらっしゃいますが、結論から申しますと痛みに至る経過や原因は1人ひとりが異なるため、また、体格、バランスの反応、姿勢、スポーツの動きなどカラダに関するすべてが多種多様なため画一的な治療法は存在しません。あなたの症状・原因を確認し、それを改善するためにだけに考えられたものが唯一の治療法なのです。ある人が良くなったからといって他の方に同じことをしても根本的な解決方法にはなりません。

情報の活用
ご自分のカラダに興味をお持ちの方であれば、現在インターネットや書籍などによって多くの情報が得られるようになってきていますので、徹底的に情報を収集され、色々なことを試みられるのではないでしょうか。
実際に「野球肩とは」「野球肩の原因」「野球肩の治し方」など、様々なサイトを目にします。検索においても良い情報は上位にくるため正しい情報が多くなっていると思われますが、やはり情報が広範囲に及ぶことが多いため、必要な情報を集めることに苦労されるのではないかと思います。しかし、治療の方向としては誤りではないことが多いと感じています。

現代の治療は進歩したのか
現在はテレビにおいても治療法が紹介されるなどして、治療分野の技術も飛躍的に発展したと言われていますが、私たちが悩むことの多い関節などの痛みは、30年前と比較して大きく減少しているのか冷静に考えてみてもらいたいと思います。
痛みでお困りの方は、どのような経過をたどっているのでしょうか。診察や治療のための待ち時間は長いが、実際の治療時間は十数分、大きな改善もないが、効果も持続しない。変化のない同じような治療を行っているのを疑問に思いながら、なぜか何日も通っているというのが現状ではないでしょうか。

治せないのを治らないという
痛みのためにスポーツ活動の休止を支持され、スポーツを行っていなければ痛みは落ち着き「治った」と思えたのだが、練習を再開するとまた同じように痛みが出ることもあります。そのため再度受診すると、「この痛みはスポーツをやめないと治らない」「痛みと付き合っていくしかない」「この痛みはもう治りません」と言われることもあるようです。本当は「
私には治せません」と言うべきですね。

スポーツの怪我を予防できない
スポーツの現場においても、チームにコンディショントレーナーやケアートレーナー、あるいはトレーニングの指導者がいるにもかかわらず、選手の個別の評価ができていないので、野球肩、野球肘、ジャンパーズニー(オスグッド)、シンスプリント、足首の捻挫、腰椎すべり症、椎間板ヘルニア、靭帯損傷などを予防することもできず、長期間痛みで悩んでおられる選手が非常に多くみられています。

昔と大きく変わらない現状
昔とこれだけ医学・治療業界が発展したといわれる現在であれば、治療者やトレーナーの知識・技術も向上しているはずなのですが、ケガで悩んでいるスポーツ選手の数は昔と大きく変わっておらず、痛みで試合や練習に参加できない選手は非常に多いままとなっているのです。

治療者教育の問題
残念ながら、日本のスポーツ界におけるケガや痛みへの対応は、治療者の教育やシステムなどの問題により、画像などの検査で原因を特定できないような痛み、あるいは慢性の痛みを根本的に改善するための理論や治療法を学生に教育されていないのが現状です。

 
経営者側の裏事情
さらには、実際の痛みがある方のカラダ状態は非常に複雑で、また1人ひとりの状態も異なるため、細かなカラダの状態を把握できる治療者は非常に限られているというのが現状かもしれませんし、また、医療をビジネスと捉えると痛みが出る方が少なくなれば、経営的に困るという経営者側の裏事情もあるのかもしれません。


良い治療者は必ずいる
あなたの県内には必ず数名ですが素晴らしい治療者はいるはずです。本気で痛みと向き合い情熱を持った治療者であれば必ず良い方向へ導くことができると思いますし、その治療者の熱意は、あなたにすぐに伝わります。そのような店はホームページの印象においても他とは異なるので、すぐに目に留まると思います。反対に営利目的となって不安をあおり過剰に通院をすすめ、治療効果も得られない
治療法を永遠と続けている治療者もみられるため、本当に痛みの改善を求めておられるのであれば、そこは見極める必要もありそうです。

結論
1.痛みの改善には決まった治療法はない
2.インターネットにおいては正しい情報が多くなっている
3.関節の痛みなどに対する治療技術は昔と大きく変わっていない
4.治療者が治せないものを治らないと言ってはいけない
5.スポーツの怪我の多くが予防できていない
6.治療者側も痛みを改善できる教育が受けれていない
7.ビジネスと捉えると治ってもらっては困る経営者も
8.良い治療者は必ずいる



フィジカルデザインは、プロスポーツ選手と研究を続けているノウハウが豊富にあります。また、貴重な練習時間などに影響しないよう夜間営業しておりますので、
ぜひご検討くださいますようよろしくお願いいたします。