スポーツ選手のメンテナンスとケア

1a.png 1b.png 1d.png 1c.png

 

1e.png 1f.png 1g.png ah.png

 

aflo_jphf016921.jpg 
写真:アフロ 

 

カラダのメンテナンスとケア


カラダは必ず変化する
あなたのカラダは、どんなに良いコンディションがつくれたとしても、試合・練習・トレーニング・日常生活などで日頃から良く使う場所は組織の変化などにより徐々に動きにくさが生じてしまいます。

生き物の定め
動きにくという感覚は、カラダが変化したことを知らせる感覚であり、すでに姿勢、バランス、筋肉の反応・出力などにも影響を及ぼしています。カラダの変化を放置したまま、十数年に及び積み重ねたものが加齢的な変化といわれるもので、いわゆる「高齢者の姿勢」で表されます。これは生き物にとっての定めだと思います。


カラダの変化を見逃すと硬くなる
スポーツ選手においては、プレー中に痛みや違和感がないからといってカラダの変化を見逃していると、カラダが動きにくい状態のまま激しい動きを続けることになるため、努力的な力を必要とし各組織間の動きも低下し関節が動きにくくなります。この状態からはなかなか抜け出すのが難しく、筋肉や腱などの緊張も高くなりカラダが硬いといわれる状態を招きます。

疲労は運動の抵抗である
練習やトレーニングを行えば、カラダの重たさや動きにくさを実感されると思いますが、これは簡単に言えば疲労の蓄積です。疲れたと感じている状態はすでに組織間における運動抵抗が生じており、柔軟性の低下とパフォーマンスの低下を引き起こしていることになります。


柔軟性の低下は無駄な力を必要とする
柔軟性の低下がある場合、通常よりも努力的で無駄な筋力を必要とするので、その悪循環は長期的にみると不調やケガの原因、さらにはあなたの選手寿命を縮めてしまうことにもなりかねません。 


大幅な修正には時間がかかる
長年メンテナンスが行われていない場合、早いか遅いかはあるものの、必ず痛みなどの不調が生じやすくなります。また、組織の変化が長期的に積み重なったものを適切な状態へ戻すためには様々な試行錯誤も必要になってきますし、その時間もある程度必要なため、毎日が忙しい選手にとっては非常に効率が悪くなります。そうしたことも含め、スポーツ選手において定期的なメンテナンスは必要不可欠な作業となるのです。




本来のメンテナンスとは


筋肉を緩めることではない
本当のカラダのメンテナンスとは単に筋肉を緩めることではありません。常に体幹の機能を発揮させることができるよう上半身・下半身との連携を失うことなく調整していかなくてはなりません。これは腕・脚が体幹に影響していることもありますし、体幹が腕・脚に影響を及ぼしていることもあります。また相互に影響していることもあると思います。これらの判断は非常に難しく細かな調整にも試行錯誤が必要ですが、適切に行われると劇的にパフォーマンスが変化します。


日本と海外では考え方が異なる
日本においては、古くから硬い筋肉を緩めればよいというような考えが一般的となっています。これは治療者においても同様で、現在においても十数年前と同様に原因を考慮せず筋肉を緩めることに時間を注いでいる方もいます。しかし、海外では理学療法士による理論的な考え方を取り入れていることも多く、カラダに対する考え方が日本と全く異なります。単純に硬いところを緩めただけでは問題解決になっていない場合が多く、逆にパフォーマンスを低下させている場合もあるのです。


筋肉だけに着目しない
正しくメンテナンスが行われると、今まで悩まれいた状態が即座に変化します。例えば、サーキットを早く走るレーシングカーのサスペンション、ブッシュ、ボディーなどを全て柔らかくした場合どうなるでしょうか?逆に走りにくくなるのでメカニックは行うはずがありません。これと同様に筋肉の柔らかさだけに着目していたのではなかなかスポーツに適したカラダは得られません。




メンテナンスを専門家に依頼する理由



自分では把握が難しい
自分でカラダの状態を把握して、最高の状態に調整できれば一番良いのですが、自分のカラダがどうなっているのかということを正確に把握することは非常に困難だと思います。しかし、専門家に依頼すれば大きく崩れている場所だけでなく、細かく微調整を行わなければならない場所においても修正を加えることができるため仕上がりが全く異なります。


細かな修正の積み重ね
特にスポーツ選手がメンテナンスを行う場合、大きく崩れてしまう前に修正をしていくことが結果的にパフォーマンスを維持するうえで重要になります。えっ、こんな細かな修正を行う必要があるのか思われることもあるでしょうが、ちょっとしたことでも全然動きが変わることに驚かれる方が多くいらっしゃいます。

良い状態で良い練習をするのが近道
スポーツ選手のメンテナンスを行っていくには、やはりスポーツ競技とカラダに対する専門的な知識が必要となります。
あなたが望んでいる状態をできるだけ早く獲得して、必要な練習やトレーニングを積み重ねていく、これが結果を出すための近道であると考えています。



どのくらいの頻度で専門的なメンテナンスを行えば良いか


練習内容などにより異なる
スポーツの種目や練習あるいは試合の頻度、またその強度などにより、カラダの負担は大きく異なるため、メンテナンスを行う頻度を画一的に決めることは難しいのですが、あえて言うなら、通常1~2週間に1回メンテナンスを入れておくとまずまずな状態を保つことができると思います。


トップアスリートな場合
しかし、プロスポーツ選手やトップアスリートのように過酷な練習を毎日行い試合の日程もハードな場合、もっと短いサイクルでメンテナンスを行う必要があるでしょう。

趣味でスポーツを行っている場合
趣味程度でスポーツを楽しめれば良いといった選手の方でも、気持ちよく動けることができ、さらにケガなく続けたいということであれば、月に1回ぐらいはメンテナンスを入れても良いのではないでしょうか。


フィジカルデザインは、プロスポーツ選手と研究を続けているノウハウが豊富にあります。
また、貴重な練習時間などに影響しないよう夜間営業しておりますので、ぜひご検討くださいますようよろしくお願いいたします。