肘の痛みの原因とその対応

1a.png 1b.png 1d.png 1c.png

 

1e.png 1f.png 1g.png ah.png

 

bサイトマップ.pngb当店のご案内.pngbスポーツの痛み.pngbコンディション.pngbトレーニング.pngbブログ.png

フィジカルデザインスポーツの痛み > 肘の痛みの原因とその対応

 

stockfoto_80273637_XS.jpg

肘の痛みの原因


stockfoto_124273724_XS.jpg

カラダの安定が失われている場合に多い
肘の痛みは、肩の痛みや腰痛ほど多くない印象ですが、逆に痛みがなかなか改善しないと訴える方が多い印象があります。そのため、何が原因で痛みが出たのか、なぜこんなに痛みが続くのか疑問に思われる方が多くみられます。肘の痛みは内側・外側・後ろのいずれか過剰な負担が生じている場所に痛みが出ます。例えば、バットやラケットで強く打ち返すときなどボールの抵抗によって回転方向と反対への力が加わりますが、体幹、股関節、肩甲骨などによって安定が提供されていなければ腕に負担がかかります。これは強く打ち返すほど肘にかかる反力も増大します。

野球・テニス・ゴルフで多い
スポーツでは特にテニス、野球、ゴルフで多くなります。ラケットやバットのスイングをはじめ、野球の投球などで全身の連動や安定が失われていると肘に過剰な負担がかかり痛みを生じることになります。野球選手においては非常に年齢層が広く、小学生のレベルからプロ野球選手のレベルまで幅広くみられます。


手首や腕を酷使している場合もある
肘は指・手首・肘の曲げ伸ばし、あるいは腕の回転運動などを担っていますが、トレーニングや仕事で同じ動作を繰り返すなど過剰な活動を行い過剰な負担をかけ続けることによっても痛みが生じます。このような場合、腕の柔軟性が低下したままになっているなどメンテナンスが不十分であった可能性もあります。


肩甲骨が自由に動いていないことも
腕は、指から手首を通り肩甲骨へとつながっています。さらに肩甲骨は胸郭を介して体幹とつながっているのですが、肘の痛みが出ている方は、体幹や肩甲骨が自由に動かなくなっている方もいらっしゃいます。この場合、肩甲骨の動きを補うために肩や肘に過剰な負担がかかって痛みになっていることもあります。

アイシングやストレッチでは不十分
すでに肘の痛みが出ている場合、肘のアイシングやストレッチなどを行ってもなかなか痛みが軽減しないということも多いと思います。手首や肘は腱などの組織も多いため、柔軟性を改善することが難しい場所でもあります。痛みを改善する場合、詳細な動きを正確に見極めることが求まられます。安静にすることで一時的に痛みが治まっても、運動を再開すると再び痛みが出るのは痛みの原因が解決していないからです。


改善が難しければ専門家に依頼する
痛みを改善するためには、部分的な対応では限界があります。特に体幹の不安定性が関わっていれば改善に専門性が必要となります。痛み止めなどを用い無理して競技を行うことで、軟骨や靭帯損傷にまでに発展することのないよう、痛みが継続する場合は全身状態を把握して痛みの問題を解決できるスポーツ治療の専門家に依頼されることをおすすめします。



肘の内側の痛み


上腕骨外側上顆炎
肘の内側の痛みは、上腕骨内側上顆炎(じょうわんこつないそくじょうかえん)と言われます。内側の痛みは野球やゴルフで多くなりますがテニスでも生じることがあります。腕の進行方向と反対の力が過剰に加わることで肘の内側に痛みが出ます。「非常に強い打球を打とうとする」「強いスピンをかけようとする」「バット、ラケットなどの道具が重い」「グリップが適合していない」といった影響が原因になっていることがあります。

長時間の仕事による痛み
スポーツだけでなく、長時間の仕事によって痛みが生じることもあります。「キーボードの打ち込み」「建設業など重いものを持つ」「カナヅチなどの工具を使う」「調理」「子供を抱っこする」など運動以外の原因によって痛みになることもあります。

カラダの安定性の影響
スポーツで肘の痛みが生じている場合、使い過ぎや疲労だけでなく、股関節、体幹、肩甲骨の安定が得られていないことによって肘に過剰な負担がかかっていることが多々あります。体幹などの安定性を改善する場合、専門性が必要となりますので早期に解決する必要がある場合、スポーツ治療の専門家にご相談されることをお勧めいたします。



肘の外側の痛み

 

上腕骨外側上顆炎
肘の外側の痛みは、上腕骨外側上顆炎(じょうわんこつがいそくじょうかえん)と言われます。肘の外側の痛みはテニス肘がその代表でバックハンドで手首に衝撃が加わることで肘の外への過剰な負担が生じて痛みとなります。カラダ全体の回転動作がうまく機能しなくなって、手首を過剰に使ってストロークを行わなければならなくなったということが疑われます。



肘の痛みを改善するために

 

肘に負担がかからない状態に
すでに肘の痛みのためにスポーツ活動が難いといった場合、アイシングやストレッチを行っても痛みが軽減してこない場合があります。これは、複数あるカラダの問題点を腕の筋肉がなんとかカバーしようと頑張って補ってくれているからです。
痛みを改善する場合、その問題点を解決し肘に負担がかからないような全身状態を獲得する必要があります。

全身に目を向けたストレッチ
ご自分で改善を試みられる場合、やはりストレッチをしっかりと行っていく必要があります。手首や腕の筋肉のストレッチも必要ですが、胸や肩回りのストレッチも非常に重要となってきます。大胸筋、広背筋、三角筋、大円筋などのストレッチを時間をかけてマイルドに行う必要があります。余裕があれば腰周囲のストレッチも行うと良いです。カラダのどの場所が大きな影響を与えているかは専門性がないと見極めが難しいですので根気よく全身の調整を試みる必要があります。


肘の痛みを改善するためのチェックリスト
① 股関節の可動域
② 腰・骨盤の動き
③ 背骨・肋骨の動きと安定性
④ 肩甲骨の動きと安定性
⑤ 肩のインナーマッスルの状態
⑥ 肩の可動域
⑦ 肩周囲や腕の組織の状態
⑧ 手首や指の状態

改善が難しければ専門家に依頼する
これらの項目を詳細に確認して痛みの原因を明確する必要があります。痛みが長期にわたり治らない場合、複数の問題がカラダに残されている可能性があります。一日も早く痛みを改善したいと思われる場合、全身状態を確認して痛みに対応できる専門家にご相談されることをお勧めします。


フィジカルデザインは、プロスポーツ選手と研究を続けているノウハウが豊富にあります。また、貴重な練習時間などに影響しないよう夜間営業しておりますので、ぜひご検討くださいますようよろしくお願いいたします。