肘の痛みの原因

161102001002-5818b04a1f597[1].png 選ばれる理由.png メニューと料金.png よくある質問.png 

 

お客様からの声.png ネット予約.png 店舗情報.png 道案内.png 

 

stockfoto_80273637_XS.jpg

はじめに


肘の痛みは、肩の痛みや腰痛に比べるとそれほど多くはなく、痛みが出るとなぜ痛みが出たのだろうと疑問に思われる方が非常に多いのではないかと思います。

痛みは肘の内側・外側、また後ろ側に出ることが多く、一般的には「はさみ」を使ったりなど手をよく握りしめる仕事の方、特に重いものを頻繁に持つ方、お子様をだっこされる主婦の方など多様な職業の方にみられます。

また、スポーツ選手では特にテニスや野球で多く、ラケットやバットのスイングをはじめ、野球の投球などでは肘の痛みを訴えられる方が多くみられます。野球選手においては非常に年齢層が広く、小学生のレベルからプロ野球選手のレベルまで幅広くみられます。


肘の痛みは、手首や肘の曲げ伸ばしを行う腕の筋肉を酷使することで肘の内側ああるいは外側に過剰なストレスがかかり続けることによって、炎症を起こして痛みが出るとされています。

肘の痛みが出た場合、一般的には手首や腕を過剰に使いすぎたことが原因であるといわれていますが、スポーツによって肘の痛みが出ている場合、肘だけが痛みの原因であることは非常に稀で、全身を詳細にみていきますと、やはり腕だけに過剰なストレスがかかる原因が隠されています。


私たちの腕は、指から手首、肘を通って肩と肩甲骨につながっています。さらに肩甲骨は胸郭を介して体幹とつながっているのですが、肘の痛みが出ている方は、肩や肩甲骨と体幹とのつながりが途切れていることが多々みられます。簡単に言えば腕を振ると肩が外れそうな状態になっていると表現してもよいでしょう。

しかし、そうした状態では非常に危険なため、どこかの緊張を強めて腕のつながりを保っておかなくてはならないのですが、肘の痛みが出ている方は
腕の筋肉を緊張させて腕とカラダをつないでいた可能性が出てきます。

そのため、肘の痛みが出ている場合、肘のアイシングやストレッチなどを行っても本当の痛みの原因は解決していないため、なかなか痛みが軽減しないということもみられます。そのため、安静にすることで一時的に痛みが治まっても、運動を再開すると再び痛みが出るということも多いのです。

痛みを改善するためには、部分的な対応では限界があります。痛み止めを用い無理して競技を行うことで、軟骨や靭帯損傷にまでに発展することのないよう、痛みが継続する場合は全身状態を把握して痛みの問題を解決できる専門家に依頼することをおすすめします。  

 

 

 

肘の内側の痛み

 

肘の内側には、手首や肘を曲げたり、指を曲げるための複数の筋肉がついています。そのため、何かを持ったり、引っ張ったり、腕が伸ばされるのを我慢したりなど、手首や指を曲げる筋肉や肘を曲げる筋肉を酷使することによって肘の内側にストレスがかかり続けた場合、炎症により痛みが出てきます。

また、投球やスイング動作などで、腕を外に広げるような動きが強制された場合(手投げ、手打ちの状態)でも肘の内側に炎症が起きる場合があります。さらに肘の内側だけでなく、手首や指を曲げる腕の内側の筋肉に痛みが出る場合もあります。



肘の外側の痛み

 

肘の外側の痛みはテニス肘がその代表ですが、野球の場合もみられます。

肘の外側には、手首を反らせる筋肉がついています。そのため、手首を強く反らせたり、反らせた状態から強く曲げられたりといった、過剰なストレスがかかることで肘の外側に炎症が起こり痛みが出てきます。 

また、肘の外側だけでなく、手首を反らす腕の外側にある筋肉に痛みが出る場合もあります。



肘の痛みを改善するために

 

すでに肘の痛みのためにスポーツ活動が難いといった場合、アイシングやストレッチを行っても痛みが軽減してこない場合があります。これは、複数あるカラダの問題点を腕の筋肉がなんとかカバーしようと頑張って補ってくれているからです。

痛みを改善するためには、必ず肘に負担をかけている原因を取り除く必要があります。そのためには、まず全身状態をチェックする必要があります。

肘の痛みを改善するためのチェックリスト
① 股関節の可動域
② 骨盤の動き
③ 背骨・肋骨の動き
④ 肩甲骨の動き・安定性
⑤ 肩のインナーマッスルの状態
⑥ 肩の可動域
⑦ 肩周囲や腕の筋肉の状態
⑧ 手首や指の状態

これらの項目を詳細にみていき痛みの原因を明確する必要があります。痛みが長期にわたり治らない場合、複数の問題がカラダに残されている可能性があります。一日も早く痛みを改善したいと思われる場合、全身状態を確認して痛みに対応できる専門家にご相談されることをお勧めします。


フィジカルデザインは、プロスポーツ選手と研究を続けているノウハウが豊富にあります。
また、貴重な練習時間などに影響しないよう夜間営業しておりますので、
ぜひご検討くださいますようよろしくお願いいたします。