肩の痛みと治療でお悩みなら

161102001002-5818b04a1f597[1].png 選ばれる理由.png メニューと料金.png よくある質問.png 

 

お客様からの声.png ネット予約.png 店舗情報.png 道案内.png 

 

 

「肩の痛み」や「肩こり」は、あなたのカラダが出す救援信号です

 

     

stockfoto_61892453_XS.jpg 

 

肩の痛みやコリといった違和感は、あなたの体からの救援信号 

 

肩こりというと、ごくありふれた症状のため、深刻にとらえる人はあまりないかもしれません。また、四十肩や五十肩といった肩の痛みも、痛みの程度が軽い場合、自然に治るだろうと見逃されている場合が多いと思います。

 

また、病院の先生においてもレントゲンのみの診断で、放っておいても治る言われる方もおられます。しかし、その痛みやこりの原因によっては、炎症による激しい痛みに変化し、長期に日常生活を制限するものがあります。

 

「肩の痛み」や「肩こり」は、あなたの体が出している救援信号であるということを知って早めに対応していきましょう。早ければ早いほど治るのも早くなります。

 

 

 

 

心やカラダの病気につながる「前ぶれ」かも

 

 

stockfoto_53441576_XS.jpg

 

肩の痛みや肩こりは、心や体の病気につながる

 

の救援信号:疲労感、ストレス、イライラ 

疲労感ストレス肩こりや痛みにつながります。

肩がこったと感じるときは、すでに身体が限界に近づき、あなたの体が助けを求めています。  

 

の救援信号:肩の痛み

肩の痛みにより、日常生活や仕事あるいはスポーツ活動が困難となります。
肩の痛みは、身体が思うように動かなくなっているので、助けてほしいというあなたの身体からのサインなのです

 

今は痛みが軽い場合でも、ある日突然に炎症が強まり激しい痛みになることもあります。また、肩の痛みは内臓疾患が原因で出ることもあるので注意が必要です。  

 

 

 

 

放っておいても思うように治りません

 

stockfoto_50652758_XS.jpg

 

四十肩・五十肩、肩関節周囲炎を疑う時 

突然に肩が痛くなった、腕が上がらないといった場合は、四十肩・五十肩が疑われます。四十肩・五十肩は、肩こりとは別の状態で、医学的に正しい病名は「肩関節周囲炎」と言われています。肩の周囲に炎症が起こり、強い痛み、腕が動かせないなどの症状が出るのが特徴です。

 

炎症は、体の動きに無理があることで徐々にはじまり、改善されなければ、あるとき突然に激しい痛みとなります。  

 

炎症は肩関節や腕にまで強い痛みやしびれを起こすことがあります。
痛みは、軽症なら数か月で治まる場合もありますが、無理して重症化した場合、1年以上も痛みなどの症状が続く場合もあります。

 

四十肩・五十肩はその名の通り、中高年に多いようですが、年齢には関係なく肩を酷使している人は若くても発症する場合があります。

 

また、腕を上げたり、回したりしたときに、動かしにくい、引っ掛かりを感じる人は、すでに肩の動きに問題が生じている可能性があり四十肩、五十肩に発展する場合もあるため、早めの対応をお勧めいたします。

 

すでに夜に眠れないほどの痛みが続いている場合、かなり炎症が強くなっていると考えられますので、早急に全身状態の改善と安静が必要です。 

 

 

  

 

あなたのカラダは消耗品ではありません

 

stockfoto_73018885_XS.jpg 

 

早めの対応で、心身ともにいつまでも健康を維持する  

 

肩の痛みや、肩こりの原因あなたが長期にわたり色々な悩みや、ストレスに耐えながら今日まで頑張ってこられたことで、全身が思うように動かなくなってきたことに原因があります。  

 

そのため、肩の痛みや、肩こりが出ている場所だけではなく、必ず全身の状態をみて、肩が頑張らなくても良い状態に調整していかなくてはなりません。 

私と根本的な治療と予防を行い、肩の痛みや、肩こりを出さない身体を目指しましょう。

 

肩の痛みや、肩こりを放っておくことは、あなたの体を消耗品扱いすることになり、老化を早め、肩だけでなく他の関節の様々な症状を引き起こすことになります。

 

あなたの心や体は、日々様々なストレスにさらされていますが、体のわずかな変化を見逃さず、早めの対応をしていけば、いつまでも健康的な心身を維持することができるのです。

 

 

 

 

あなたの心とカラダの健康を長持ちさせるサイクル



stockfoto_21500886_XS.jpg

 

1.心や体の変化に気付く 

最近疲れている、頑張りすぎているな、イライラしている、肩の痛みや、肩のこりが出てきているな。そうした心と体の救援信号に気付くことが大切です。
自分の体の状態を知ってあげることが、痛みを改善すすめるうえで大切になります。  

 

 

 

2.早めに対応していく

心や体の変化に気付いたら肩の痛みや、肩こりなどを放置せず、あなたの体をいたわりましょう。フィジカルデザインは365日、夜間遅くまで、土日祭日も営業しておりますので、お気軽にご予約ください。 

 

 

 

3.楽になる

あなたの体が楽になれば、心の状態も改善します。
あなたの体から出されていた救援信号で、心と体を救うことができます。 

 

 

 

4.肩の痛みや肩こりに悩まない生活

早く対応できれば、それだけ回復が早くなり、痛みに悩まない生活を手に入れることができます。
定期的にメンテナンスを行い、今後も健康的な状態を維持していきましょう。 

フィジカルデザインは、プロスポーツ選手と研究を続けているノウハウが豊富にあります。
また、貴重な練習時間などに影響しないよう夜間営業しておりますので、
ぜひご検討くださいますようよろしくお願いいたします。