シンスプリントの痛み(過労性脛骨骨膜炎)

161102001002-5818b04a1f597[1].png 選ばれる理由.png メニューと料金.png よくある質問.png 

 

お客様からの声.png ネット予約.png 店舗情報.png 道案内.png 

 

stockfoto_153083_XS.jpg

 

シンスプリントとは何ですか?

 

シンスプリントとは疲労性の「すね」の痛みとされています。陸上やサッカーなどにおいてシンスプリントという呼び方は一般的に広く知られていますが、1つの症状で正式な病名ではありません。正式な病名は「過労性脛骨骨膜炎」です。陸上競技をはじめランニングを頻繁に行うスポーツ選手に非常に多くみられます。


その他「すね」に痛みが出る病名としては、シンスプリントにあたる過労性脛骨骨膜炎の他に、脛骨疲労骨折、コンパートメント症候群、遅発性筋肉痛など数多くみられます。しかし、この過労性脛骨骨膜炎と脛骨疲労骨折については痛みの症状として鑑別が難しく、この2つの病態が含まれているという意見もあります。

さらに、シンスプリントの痛みは、「すね」の内側に沿った幅広い場所の痛みになりますが、脛骨疲労骨折の場合は特定の場所に痛みが出る傾向があるようです。他にもシンスプリントの痛みは左右の差はあまりなく、両側ともに痛みが出るのが特徴です。

 

アメリカでは、シンスプリントがランニングによる痛みの10~15%を占めており、また、様々なスポーツ選手の「すね」に発生するケガの60%を占めているようです。

また、シンスプリントの痛みが生じる種目は陸上競技が最も多く、次いで野球、バスケットボール、エアロビクスなど、ランニングやジャンプなど運動強度の高いスポーツに多く発生する傾向にあります。

 



シンスプリントの痛みはなぜ出るのでしょうか?


シンスプリントの痛みは「すね」の内側にあるヒラメ筋、長趾屈筋、後脛骨筋といった筋肉が骨についている部分に過剰なストレスが加わったため生じるとされています。その他、それら筋肉の柔軟性の低下、土踏まずの減少、衝撃吸収の低下、硬い路面、靴の影響などが考えられます。

スポーツ選手の場合、競技歴が浅い初心者は発生する頻度が比較的高いと言われていますが、初心者でなくとも、ランニングやジャンプなどの練習やトレーニングを増やした時などに発生することが多くなります。

また、今までに足首の骨折や捻挫(靭帯損傷)をした後に、適切なリハビリやバランスがとれたトレーニングが行われていない場合、足首の柔軟性や筋力の低下の問題が残っていることがあり、シンスプリントの痛みと関係することがあるので注意が必要です。

シンスプリントでは、ふくらはぎ(下腿三頭筋)の柔軟性の低下により、足首がしっかりと曲がらないことが多くみられます。特に、ヒラメ筋の柔軟性低下はランニングの着地などで「すね」の内側にストレスがかかりやすくなります。しかし、足の柔軟性に問題がないにもかかわらずシンスプリントの痛みが出る例もあります。



姿勢からの影響も関係するのでしょうか?


スポーツで起きる足や膝などの痛みは姿勢の変化が大きく影響してきます。やや難しい話になりますが、上半身の重心がどこに位置するか(足の前か後か右か左か)、さらに重心をどうコントロールしているか(片方に偏っていないか)などによって足をはじめ様々な関節に大きな影響を与えています。

アイシングやストレッチあるいは筋力トレーニングなど一般的なシンスプリントの治療によって一時的に痛みが軽減しても再発を繰り返す場合、股関節や上半身の問題が残っている場合が十分に考えられます。

このような状態を改善するためには、専門的な知識と技術が必要となります。ぜひ全身的な状態を把握して改善することができる専門家にご相談されることをおすすめいたします。



どのように対処すればよいのでしょうか?


シンスプリントの痛みが出ている場合、全身状態が崩れることによって足にストレスがかかっているため、足の治療だけを行っても、なかなか問題の解決にはなりません。

また、痛みが強い場合、
アイシングなどで炎症を抑えることは重要ですが、痛みを出さないためには、根本的に痛みの原因を把握することが必要になってきます。なかなか痛みが治まらない場合、早めにスポーツ治療の専門家にご相談されることが近道となります。

シンスプリントの痛みが出ている場合、すでに体幹から股関節も含めて全身状態が整っていないことを示しています。痛みを我慢して無理して走っても、あなたのパフォーマンスは低下するばかりか、今後、疲労骨折に至る場合も出てきます。

これからの選手生命を左右することのないように、シンスプリントの痛みでお困りの場合、ぜひスポーツ選手の経験が豊富で、全身状態を把握することができる専門家にご相談されることをおすすめいたします。

フィジカルデザインは、プロスポーツ選手と研究を続けているノウハウが豊富にあります。また、貴重な練習時間などに影響しないよう夜間営業しておりますので、ぜひご検討くださいますようよろしくお願いいたします。