ハムストリングスの肉離れ

161102001002-5818b04a1f597[1].png 選ばれる理由.png メニューと料金.png よくある質問.png 

 

お客様からの声.png ネット予約.png 店舗情報.png 道案内.png 

 

 

stockfoto_44268502_XS.jpg

ハムストリングス(太もも裏の筋肉)の肉離れ

 

肉離れは、強い力を発揮させるスポーツ動作によって、筋肉に急激な伸び縮みする力が作用し、筋肉の線維などに何らかの損傷が起きた状態になります。
ひどい肉離れになると、筋肉の陥没がみられることもあります。軽傷の場合でも筋肉痛だと思った痛みが1週間以上も続くといったことがみられます。

 

肉離れが起こる場所は、ハムストリングスといって太ももの裏の筋肉が一番多く67%にもなります。その他、大腿直筋(太ももの前)、腓腹筋(ふくらはぎ)、大腿内転筋(太ももの内側)の筋肉の順に続きます。

 

特にハムストリングスの肉離れは、短距離走、野球、ラグビー、サッカーの選手が多く発生し、走っているときに最も多く起こります。

 

走っている時に、足を前に降り出す時や、足を地面についた状態から後方に蹴り出すときにはハムストリングスがブレーキをかけたり、また前に進むように強い張力がかかりますが、その時に肉離れが発生しやすいようです。

 

肉離れが発生しやすい時期には特徴があり、4月から5月に多く発生がみられています。これはシーズンが始まったばかりで、コンディションが十分に整っていないことが予測されます。

 

 

 

ハムストリングス肉離れの発生原因

 

● ハムストリングスを含め股関節の柔軟性低下

 

● 姿勢・動作によるハムストリングスへの過剰なストレス

 

● ハムストリングスと大腿四頭筋、大殿筋などとの筋力バランス

 

● ハムストリングス筋力の左右バランス

 

● 運動前のウォーミングアップ不十分

 

● 走行フォームの技術不足(悪いランニングフォーム)

 

● コンディションの調整不足

 

 

 

ハムストリングスの役割

 

ハムストリングスは太もも後ろにある筋肉で、大腿二頭筋の長頭・短頭、半腱様筋、半膜様筋の総称です。

 

多くの書籍にハムストリングスの主な作用として、膝を曲げる作用と、股関節で脚を後ろに蹴りだす作用の2つの役割があると記載されていますが、ハムストリングスの役割としては不十分です。

 

どのような動きにおいてもハムストリングスは活動しており、骨盤を介して体幹を起こす作用、踏み込みなどで膝を安定させる作用、蹴りだしのブレーキング作用、骨盤の前後角度を調整する作用など幅広い作用があります。

 

 

 

肉離れ後の処置

 

肉離れが起きた後は、出血やはれを最小限に抑えるためにRICE処置を行います。

 

RICE処置

1.安静

2.アイシング(冷却)

3.患部を圧迫

4.患部をやや挙上しておく

 

1週間後より

患部を温めたり、体操のような軽い運動や、ストレッチを行う。

あくまで、痛みが出ない範囲で行っていく。

 

2週間後より

自転車のような軽い抵抗運動や軽めの筋力トレーニング行う。

ストレッチングも積極的にすすめていく。

 

3週間後より

徐々にジョギングをはじめ、距離やスピードを増していく。

痛みの程度により無理のない範囲で決めていく。

 

全力疾走が問題なく行えれば、スタートダッシュ、ジャンプトレーニングなどを始めていきます。

筋肉の柔軟性と筋力の完全な回復が競技復帰の条件となります。  

 

 

 

肉離れの予防

 

肉離れは再発を起こしやすいスポーツ傷害であるため、その予防をするためにも、全身のコンディションを整えておく必要があります。

 

肉離れを予防していくためには、練習前のウォーミングアップやストレッチなどが重要といわれます。しかし、専門的な立場から申しますと、ハムストリングスが「つる」あるいは「肉離れ」を起こす状態は、すでにコンディションが崩れ姿勢の維持や動作を行うためにハムストリングスが過剰に使われている状態になっています。

 

そのため、体幹や股関節の状態を見直し、姿勢や動作をコントロールするためだけにハムストリングスを酷使することのないコンディションをつくる必要がありますが、これは全身的な調整となるためスポーツ治療の専門的な知識と技術を持った方に依頼する必要があります。

 

このような、全身的なのメカニズムの調整はフィジカルデザインの得意分野になりますので、ぜひご検討ください。 

フィジカルデザインは、プロスポーツ選手と研究を続けているノウハウが豊富にあります。
また、貴重な練習時間などに影響しないよう夜間営業しておりますので、
ぜひご検討くださいますようよろしくお願いいたします。