代表プロフィール

161102001002-5818b04a1f597[1].png 選ばれる理由.png メニューと料金.png よくある質問.png 

 

お客様からの声.png ネット予約.png 店舗情報.png 道案内.png 

 

 

代表.png

  

    

 

 

 

 

 

 

 


  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

痛みが出ないベストなコンディションであなたの夢を実現してほしい 


フィジカルデザインに依頼できる内容
● スポーツによる痛みの改善

● スポーツ競技やカラダの特性に合わせたコンディションの調整

● パフォーマンス向上を目的としたトレーニング

● 試合前後の調整やトレーニング後のメンテナンス・ケア

● フォームやカラダの使い方などの相談



カラダに興味を持ったきっかけは何ですか


フィジカルデザインは、
20124月に開店し、広島のプロスポーツ選手をはじめ、スポーツの痛みに悩んでおられる皆様にご利用いただいております。

私がカラダのことについて興味を持ち始めたのは、広島県社会人リーグでサッカーを行っていた20代の頃でした。その当時は普通の会社員でした。

その頃から、なんとか試合で結果を出そうと、日頃からストレッチやトレーニングを取り入れ、試合に向けてコンディションを万全に整えようとしていました。

毎回トレーニングや調整をして、明日の試合は完璧に動けるはず。。。と確信して試合に挑むのですが、まずます動ける日もあれば、身体が重く全く動けない日もあり、なぜトレーニングなどの調整をしているのに身体の仕上がりが毎回違うのか疑問に思うようになったのがカラダに興味を持ったきっかけでした。

 

 

 

会社員からどのような経過をたどったのですか


カラダとトレーニングの関係をどうしても解決したく、3年間勤めていた会社を退職して、スポーツインストラクターを養成する専門学校に入学し、2年間
本格的に
トレーニングについて学びました。

在学中は、社会人サッカーを続けながら、スポーツジムのスポーツインストラクターを行っていました。の頃には、ある程度のトレーニングも行えるようになり、以前よりは動ける体づくりが可能となってきましたが、試合で常にベストなコンディションを出すには至りませんでした。

また、スポーツクラブで勤務する中で、肩や膝あるいは腰痛など、痛みが出ているスポーツ選手の方には、医学的な知識を持たないインストラクターでは全く対応することができないことを痛感し、さらに医学的な専門的な知識と治療技術を持ちたいと思うようになったのでした。

 

 

 

なぜ理学療法士を目指したのですか


医学的な専門知識と多くの疾患に対応できる治療技術を持った身体機能のプロフェッショナルといえば理学療法士(国家資格)でした。理学療法士が行う理学療法は、国からケガや病気の治療として認められている国家資格となります。

入学後は、非常に大変でしたが解剖学や生理学をはじめ、整形外科、内科学、脳神経など医学全般の知識や、基本的な治療技術を習得することができました。

国家資格取得後は、整形外科を専門として、骨折や膝や肩の痛み腰痛などを中心に、十数年にわたり延べ8万人以上の臨床経験をさせていただきました。

その中で、主任理学療法士としてプロスポーツ選手の方々のリハビリテーションや、試合に向けてのコンディション調整から専門的なトレーニングの指導、また理学療法士の教育などの経験を積み重ねることができました。

 

 

 

どうしてフィジカルデザイン設立に至ったのですか


病院の
治療が終了すれば、完治したとされ継続して受診することはできなくなります。そのようなこともあり、病院での治療が終わったプロスポーツ選手の方を含めた数名の方から「引き続きコンディションの調整やトレーニングをお願いできないか」「また休日や夜間にみてもらえないか」というご要望もあり、2012年よりフィジカルデザインを設立し、現在に至っております。

本当に裏路地にある隠れ家で、非常に小さなお店ですが、身体システムの複雑さをお客様と一緒に共有しながら、スポーツ選手の方に少しでも役に立てるように、痛みの改善とコンディショニングを一体化して、カラダに関わるトータルサービスを目指しています。