野球肘の原因とその対応

161102001002-5818b04a1f597[1].png 選ばれる理由.png メニューと料金.png よくある質問.png 

 

お客様からの声.png ネット予約.png 店舗情報.png 道案内.png 

 

   

stockfoto_48318305_XS.jpg

 

野球肘の状態


野球肘は、ピッチング動作を繰り返し行うことによって肘関節の軟骨、肘周囲の筋肉や靭帯、腱あるいは神経などが部分的に損傷したために炎症が起こり、痛みが出ている状態になります。

野球肘の原因は、一般的にホールの投げすぎと考えられていますが、単にボールを投げ過ぎたのではなく、身体が効率的に動くことができない状態のまま、筋力に頼った投球を繰り返し行うことで、肘に過剰なストレスが積み重なることで炎症が発生したと考えられます。




野球肘の種類


野球肘は、痛みが出る場所により、肘の内側、外側、後ろ側の3つに分けることができます。
また、肘の不安定さが原因で、肘関節の骨が増殖して、骨棘(こつきょく)というトゲのようなものができることがあります。


1.肘内側の痛み
内側の痛みは、ボールを投げる時の遠心力で肘を外に開くような力が働いて、骨の剥離(はくり)、軟骨の損傷、靭帯の損傷、神経の損傷などが起こったものです。


病名では下記のようになります。 

  骨端線離開
  尺側側副靭帯損傷
  尺骨神経障害 

 

 

2.肘外側の痛み 

外側の痛みは、内側の時と同じようにボールを投げる時の遠心力で肘の外側に圧縮力が働いて、軟骨の炎症、関節の炎症などが起こったものです。
 

病名では下記のようになります。 

  離断性骨軟骨炎 

  滑膜ひだ障害  

 

 

3.肘後ろの痛み
肘の後側に出た痛みは、腕を強く振り下ろすように投球した際に、肘の軟骨などの損傷が起きたものです。

 

 

4.骨棘(こつきょく)ができる 

ボールを投げる時に加わる、強力に肘を外に開こうとする力や、過剰に肘を伸ばされるような力により、肘への圧縮力や関節をずらすようなストレスが持続的に加わることで関節周囲に骨棘といってトゲのようなものができることがあります。

これは不安定な関節を安定させるために自然に骨が増殖したものになりますが、骨棘ができたからといって必ず痛みが出るとは限りませんので注意が必要です。痛みの原因が骨棘でない場合、手術で骨棘を取り除いても痛みが変化しない場合も見られます。 



年齢により痛みの特徴がありますか 

 

野球肘は、小学生や中学生といった成長期に起こりやすいものと、高校生以上の成人が起こりやすいものがあります。

成長期に起こりやすいもの
●成長期では、成長段階にある軟骨を損傷する場合が多く、骨の剥離、骨端離開、離断性骨軟骨炎などによる痛みが多くみられます。


成人で起こりやすいもの
●成人では、靭帯や骨を損傷する場合が多く、尺側側副靭帯損傷、疲労骨折などによる痛みが多くみられます。

 

 

 

ピッチング動作で注意する点は

 

ピッチング動作はキャッチャー方向への平行運動と身体の回転運動が組み合わされています。 身体の重心を軸足に載せ、その重心を前方に加速させながら移動することで大きなパワーを生み出します。

また、前に降り出した足に加速された重心を伝えた後に身体の回転力が生まれます。股関節や体幹で行われる回転により遠心力が生まれ腕が振り出され、肩・肘・手・指へとエネルギーが伝わりピッチングが行われます。


基本的なことですので、すでにご存じだと思いますが、ピッチングの動作は、肩や腕の力でボールを投げるのではなく、股関節や体幹および腕の回転動作や遠心力により、腕が降られることでボールが投げられるのです。


そのため、軸足や降り出した足への重心の移動が適切に行われたとしても、股関節や体幹の回転運動が不十分であれば加速や遠心力を用い連動を伝えることができなくなります。

こうした足・股関節・体幹・肩・腕・手・指といった全身を用いた連動が効率よく行われるとで、力だけに頼らないエネルギーの伝達ができ、選手のパフォーマンスが向上すると共に、ピッチングによる痛みやケガを防ぐことになります。


しかし、どこか1ヶ所でも運動の流れが途切れると、効率的な動きができなくなるため運動のパフォーマンスは低下してしまいます。このような場合、どうしても過剰な筋力を用いてパフォーマンスを補おうとするため、強い負担がかかった関節は炎症を起こしたり、靭帯の損傷、軟骨の損傷に発展することになるのです。




なぜ肘の痛みが出るのですか

 

野球肘の痛みは、ボールが手から離れるときに出ることが多いようです。
これは、力の伝達が、足から体幹さらに腕というように全身を用いて行われたのではなく、肩や腕の力に頼った効率の悪い動作「手投げ」になっていることが多いからです。

手投げは、体幹の回旋や肩甲骨の動きが不十分のまま、腕の運動により肘を降り出す投げ方や、肘を高く上げそこから肘を伸ばす投げ方などがあります。その他に、投球の距離を伸ばした時やボールスピードを上げた場合にも肘の痛みが出ることがあります。

肘の痛みは、体幹の回旋や肩甲骨の動きが不足して手投げになった場合だけではなく、前方への平行運動が不足して前方向への加速が不十分な場合にも腕の振りに頼った投げ方となり痛みの原因となりますので注意が必要です。 


 

野球肘を改善するための方法


肘の痛みが出ている場合、全身状態が崩れることによって肘にストレスがかかっているため、肘だけ治療を行っても、なかなか問題の解決にはなりません。

また、
アイシングなどで炎症を抑えることは重要ですが、痛みを出さないためには、根本的に痛みの原因を把握することが必要になってきます。まずは、股関節や体幹肩甲骨などの柔軟性を改善して、全身が連動できるように調整していく必要があります。しかし、すでに痛みが出ている場合、なかなか力が抜けないことや、悪い動きを積み重ねていることもあって改善は容易ではないと思います。思うように痛みが治まらない場合、早めにスポーツ治療の専門家にご相談されることが近道となります。

肘の痛みが出ているということは、すでに股関節から体幹、肩にかけて全身状態が整っていないことを示しています。痛みを我慢して無理して投球しても、あなたのパフォーマンスは低下するばかりか、今後、靭帯や軟骨の損傷に至る場合も出てきます。

これからの選手生命を左右することのないように、肘の痛みでお困りの場合、ぜひスポーツ選手の経験が豊富で、全身状態を把握することができる専門家にご相談されることをおすすめいたします。

フィジカルデザインは、プロスポーツ選手と研究を続けているノウハウが豊富にあります。また、貴重な練習時間などに影響しないよう夜間営業しておりますので、ぜひご検討くださいますようよろしくお願いいたします。