野球肩の原因とその対応

161102001002-5818b04a1f597[1].png 選ばれる理由.png メニューと料金.png よくある質問.png 

 

お客様からの声.png ネット予約.png 店舗情報.png 道案内.png  

 

stockfoto_97570923_XS.jpg  

  

はじめに

 

野球における肩や肘の痛みは、少年野球の方からプロ野球選手に至るまで幅広い選手層の方が治療に悩まれておられます。

特に野球による肩の痛みは、全身的な問題が原因となっていることが多いため、スポーツのケガのなかでも最も難しい部類に入ります。

そのため、多くの方が一般的な病院・接骨院・鍼灸院・トレーナーなどの治療を受けておられるにもかかわらず、理想的な状態まで改善しないため、痛みを我慢されていたり、痛み止めの薬や注射を用い非常に危険な状態で競技を続けておられます。

すでに炎症によって強い痛みが出ている場合、痛みが治まるまでに時間がかかる場合もあります。こうした肩の痛みは野球のパフォーマンスに大きく影響を与え、選手生命をも左右してきますので、肩の痛みはできるだけ早めに対応して改善する必要があります。



野球肩の状態

 

肩の治療で難しいところは、痛みの原因は「肩」だけではないというところです。そのため、病院や治療院などで肩の治療が終了したにもかかわらず、全身的な問題が残っている場合は、必ず痛みが再発してきます。

 

すでにご存じだと思いますが、投球動作は、下半身の動きから始まり体幹から腕そして手へと動きがつながっていく全身運動になりますが、動きの流れに一部でも問題が生じると、効率的な活動が途切れ、結果的にボールスピードやコントロールなどが低下することになります。

 

各部の運動の流れに問題が起きると、パフォーマンスの低下を無意識的に筋肉の力で補うために、肩や腕あるいは体幹などの筋肉に余分な力を入れ、筋肉の緊張を強めた状態で動くことになります(手投げの状態)。

 

そのような不適切な動きの積み重ねは、徐々にあらゆる関節の動きを制限してしまいます。そのため、より大きく動かさなければならない肩関節などには非常に高いストレスがかかり、組織の炎症を引き起こし痛みを生じることになります。

 

また、ボールを投げる動作においては、どうしても動きが大きく見える上半身に注目し、肩を治すことだけに集中してしまいがちになります。しかし、投球における肩や肘の痛みは、土台となる体幹や下半身のコンディションに大きな影響を受けており、痛みの改善においては、肩だけではなく、股関節・体幹・肩甲骨など、全身状態を把握する必要があります。

これらのことは、スポーツ動作の専門知識が必要なことや治療時間もかかってしまうため、一般的な病院や治療院ではなかなか対応することができません。痛みの改善のためには、必ず全身状態を把握することができるスポーツ治療の専門家にご相談されることが近道となります。



単なる使いすぎではない野球肩

 

野球肩の原因は、捻挫や打撲といった一度きりのケガではなく、カラダがうまく動けなくなった状態のまま、何度も同じ動作を繰り返すことによって肩に大きなストレスが積み重なったものになります。そのため、肩を使いすぎたというよりも、カラダがうまく動けなくなったことに根本的な問題があるのです。

 

肩の痛みが出る原因は、様々な状態が考えられますが、根本的な原因をみていくと、肩甲骨、体幹、股関節がうまく動けなくなっている場合がほとんどです。身体の柔軟性や安定性あるいは連動などの問題により、狭い動きの中で筋力を過剰に使い、身体の一部に大きなストレスをかける投げ方しかできなくなっているのです。

しかし、一般的な治療院や病院ではスポーツを専門にしていないため、本当の原因まで探れない場合がほとんどです。そのため、肩の治療が終了したにもかかわらず、再発を繰り返してしまう選手は、技術や筋力あるいはフォームなどに問題があると安易に決めつけられ、最終的に何を改善すれば治るのか迷走してしまうことさえあります。




ピッチング動作で注意する点は

 

ピッチング動作はキャッチャー方向への平行運動と身体の回転運動が組み合わされています。 身体の重心を軸足に載せ、その重心を前方に加速させながら移動することで大きなパワーを生み出します。

また、前に降り出した足に加速された重心を伝えた後に身体の回転力が生まれます。股関節や体幹で行われる回転により遠心力が生まれ腕が振り出され、肩・肘・手・指へとエネルギーが伝わりピッチングが行われます。


基本的なことですので、すでにご存じだと思いますが、ピッチングの動作は、肩や腕の力でボールを投げるのではなく、股関節や体幹および腕の回転動作や遠心力により、腕が降られることでボールが投げられるのです。


そのため、軸足や降り出した足への重心の移動が適切に行われたとしても、股関節や体幹の回転運動が不十分であれば加速や遠心力を用い連動を伝えることができなくなります。

こうした足・股関節・体幹・肩・腕・手・指といった全身を用いた連動が効率よく行われるとで、力だけに頼らないエネルギーの伝達ができ、選手のパフォーマンスが向上すると共に、ピッチングによる痛みやケガを防ぐことになります。


しかし、どこか1ヶ所でも運動の流れが途切れると、効率的な動きができなくなるため運動のパフォーマンスは低下してしまいます。このような場合、どうしても過剰な筋力を用いてパフォーマンスを補おうとするため、強い負担がかかった関節は炎症を起こしたり、靭帯の損傷、軟骨の損傷に発展することになるのです。




野球肩を改善する方法 

 

投球時によほど痛みが強い場合や、肩を少し動かすだけでも鋭い痛みが出るといった場合は、肩の炎症を止めるために投球を中止して、まずは痛みが出ている場所の安静を保つ必要がありますが、ほとんどの方は投球をしながら痛みを改善することができます。

肩の痛みが出ている場合、全身状態が崩れることによって肩に過剰なストレスがかかっているため、肩だけ治療を行っても、なかなか問題の解決にはなりません。痛みを我慢して無理して投球しても、あなたのパフォーマンスは低下するばかりか、今後、腱板や関節唇の損傷に至る場合も出てきます。また、アイシングなどで炎症を抑えることは重要ですが、痛みを出さないためには、根本的に痛みの原因を把握することが必要になってきます。

野球肩を改善していくためには、まず股関節や体幹肩甲骨などの柔軟性を十分に改善して、全身が連動できるように調整していく必要があります。しかし、すでに強い痛みが出ている場合、なかなか力が抜けないことや、悪い動きを積み重ねていることもあって改善は容易ではないと思います。思うように痛みが治まらない場合、早めにスポーツ治療の専門家にご相談されることが近道となります。


投球動作は、下半身から始まる体重移動が、体幹から肩・肘・手へと連動する全身の運動になります。そのため、肩だけの治療や安静などにより一時的に痛みが軽減しても、股関節や体幹の柔軟性の低下、インナーマッスルの反応の遅れなど全身的な問題が残っている場合、必ず痛みが再発してきます。

これからの選手生命を左右することのないように、肩の痛みでお困りの場合、ぜひスポーツ選手の経験が豊富で、全身状態を把握することができるスポーツの専門家にご相談されることをおすすめいたします。

フィジカルデザインは、プロスポーツ選手と研究を続けているノウハウが豊富にあります。また、貴重な練習時間などに影響しないよう夜間営業しておりますので、ぜひご検討くださいますようよろしくお願いいたします。