腰痛の種類と原因

161102001002-5818b04a1f597[1].png 選ばれる理由.png メニューと料金.png よくある質問.png 

 

お客様からの声.png ネット予約.png 店舗情報.png 道案内.png  

 

stockfoto_43581352_XS.jpg

腰痛の原因はわからないと聞きますが 

 

腰痛症は整形外科の受診において、最も多い疾患の1つで、生涯で1度は腰痛を経験する方は80%以上と推測されています。アメリカでも保険制度を崩壊させた重大な原因の1つになっています。 

一般的にみられる腰痛の多くは、病院へ受診しても痛みの原因が分からないことがあります。「骨は大丈夫ですね…」病院の先生は通常の腰痛であれば、レントゲン画像による診断しかしないため、レントゲンによって骨の異常がなければ、どこからくる痛みなのか明らかな原因が分からないのです。

そのため腰痛が出る原因は不明とされ、年齢によるものや仕事での疲労、あるいは精神的なストレスが原因であるといった説明されることもあるようです。

腰痛を起こす疾患は非常に多く、そのなかには病院のレントゲンである程度原因を特定できるもの、例えば、椎間板ヘルニア、腰椎分離・すべり症、腰部脊椎管狭窄症といったものと、レントゲンなどで原因を特定できないものがあります。

上記のように特定の病名がつけられない腰痛は、一般的に腰痛症と呼ばれています。また、その経過により急性腰痛症と慢性腰痛症に分けられます。

さらに、近年の高齢化により増加している加齢・老化による腰痛、若者ではスマホやパソコンなどを長時間使用して、姿勢の悪さからくる腰痛症などもあります。
このようなレントゲンで原因を特定できない腰痛は、病院に行くと原因不明とされることも多いようです。

 

 

 

ぎっくり腰:急性腰痛症とは

 

いわゆるぎっくり腰は、急性腰痛症と呼ばれています。日常誰もが起きる可能性があり、高い頻度で起こります。

ぎっくり腰は、重いものを不自然な姿勢で持ち上げたり、過剰に腰をひねったり、中腰の姿勢をとったり、急な動きをするなどで、腰に激しい痛みが起こり体を動かせなくなります。

ぎっくり腰の痛みは、急激な腰へのストレスにより、腰周囲に分布している神経が刺激されるため起きると考えられ、さらに、皮膚や筋膜の神経を刺激することも関係しています。

ヘルニアなどによる神経症状(脚へのシビレ)がなければ、腰への激しい痛みのみになります。

 

 

ぎっくり腰の原因

● 腰や骨盤にある関節の捻挫

● 腰にある靭帯の部分的な断裂

● 背筋や筋膜の断裂

● 椎間板ヘルニア(ささいな動作でも発症します)

● 腰の関節の不安定性

● 腰骨の骨折や骨粗鬆症による圧迫骨折


痛みの強い時期は、寝た姿勢で膝と股関節を曲げて、腰の反りを弱めた姿勢で安静にすることが基本ですが、4日を超える安静は、体力や筋力低下の原因となるので、レントゲンによる腰椎の骨折や脚へのシビレなどがなければ、徐々にできる限りの範囲で日常生活をすすめて行きましょう。

ぎっくり腰の多くは適切に治療が行われれば、数週間で痛みが落ち着きます。しかし、ぎっくり腰は、その痛みが治まっても再発することがよくあります。
それは、腰の痛みにつながる姿勢や動作といった原因がそのままになっているためです。

腰痛が再発する場合、全身状態に問題が残っている可能性があります。全身の問題を把握して改善できる痛みの専門家に依頼して早めに対応していきましょう。

 

 

 

腰痛症:慢性腰痛症とは

 

腰に痛みが起こり、3ヶ月以上続く腰痛を慢性腰痛といいます。慢性腰痛症の原因は非常に多くあります。


慢性腰痛症の原因 

● 筋筋膜性の腰痛症、結合組織炎
筋膜など結合組織の炎症により痛みが出ます。場所を特定できる痛みがあり、その周囲に硬さがみられます。

● 筋肉痛、筋攣縮、筋疲労
背中が丸くなるなど、姿勢の悪さにより長時間筋肉にストレスをかけた場合にみられます。

● 変形性脊椎症
長年にわたり腰に加わったストレスにより、骨・軟骨の変形と椎間板の弾力性の低下がみられます。変形だけでなく、椎間板、腰の関節、筋肉疲労など様々な要因が痛みにつながっています。

● 心因性
腰痛症の診断で、様々な検査や原因を除外した後に、診断されることがあります。

慢性腰痛症は、長い年月をかけてつくられてきた姿勢の悪さや、腰にストレスのかかる動きの習慣により、悪い状態から抜け出せなくなり、慢性的な痛みが続いている状態です。

そのため、電気治療やマッサージといったものでは、完全に痛みを取り除くことは難しいでしょう。痛みを改善するためには、痛みの原因を捉えた全身的な調整や治療ができる専門家に依頼することをおすすめします。


フィジカルデザインは、プロスポーツ選手と研究を続けているノウハウが豊富にあります。
また、貴重な練習時間などに影響しないよう夜間営業しておりますので、
ぜひご検討くださいますようよろしくお願いいたします。