野球肩誤りやすい3つの考え方

161102001002-5818b04a1f597[1].png 選ばれる理由.png メニューと料金.png よくある質問.png 

 

お客様からの声.png ネット予約.png 店舗情報.png 道案内.png  

 

stockfoto_97570923_XS.jpg

野球肩誤りやすい3つの考え方

 

肩の痛みで悩んでおられる方は、プロ野球選手から社会人野球、小中高生まで幅広い層でみられます。特に野球における肩の痛みは、即パフォーマンスに影響するためできるだけ早く改善する必要があります。しかし病院や治療院で治療を行ったにもかかわらず、投球を行えば再び痛みが出るため、思うようにプレーできず困っておられる方も少なくありません。

野球肩は、スポーツによる痛みの中でも難しい部類に入ると思います。その理由は「なぜ肩に痛みが出たのか」という痛みの原因を特定しにくいということが挙げられます。投球による肩の痛みは、どうしても痛みが出ている肩が悪いと考えてしまい、痛みの原因である他の部分を見落とすことも多いため、色々な治療院や効果があるといわれる治療法を試みても痛みが改善しない場合があります。

野球肩の原因は、肩をはじめ体幹や股関節あるいは肩甲骨などを含めた全身が関与しているわけですが、その中でも特に肩に悪影響を及ぼしていると考えられる部分を特定するためには、スポーツに特化した専門的な知識や技術がなければ対応に苦慮することとなります。

さらに、再び投球が行えるようにするためには、痛みの改善を行うと同時に、再び投球を行うためにカラダのセッティングを出さなければ、なかなか満足は得られないでしょう。

野球肩で悩まれている方は、病院や治療院あるいはチームのトレーナーなどに診てもらったり、フォームの修正、筋力トレーニングなど色々と試みても痛みが改善しないため、野球肩は治りにくいものだと考える方も多くみられます。しかし、適切な調整を行っていけば必ず痛みは改善してきます。

一般的には、代表的な野球肩の原因として、投げ過ぎや、悪い投球フォーム、筋力の低下などが挙げられていますが、野球肩の原因として誤った考え方も多いため、参考にしていただきたいと思います。



1.投げ過ぎによる野球肩?


一般的に野球肩の原因として一番に挙げられているのが、投げ過ぎによるオーバーユースがあります。投球数が多くなり肩を使いすぎたため、筋肉や関節に問題が起こり痛みが出るとされています。しかし、投球数を制限を行い連投をしなければ野球肩を防ぐことができるというのには疑問が残ります。

メジャーリーグでは肩は消耗品と考えられているため、大金をかけて獲得した投手の故障を未然に防ぐため投球数の制限を行っています。しかし、それだけ配慮しているにもかかわらず、肩や肘を故障して中には手術までに至る選手が出ています。これらは、肩に故障が起こるのは投球数だけが直接的な原因ではないということを意味しているのではないでしょうか。

ある投手では数十球投げただけでも痛みが出てくる選手もあるだろうし、一方で、数試合の連投が続いても平気な投手もいます。この違いは何でしょうか?もともとカラダが強靭なことや、筋力や体力が優れているからといって痛みを防げるわけではありません。

結論から言いますと、長いイニング投げても、複数の試合を投げても肩の痛みが出ない投手は、カラダの一部に過剰な負担をかけることなく全身を効率よく使いながら投球を行っていることが考えられます。全身の柔軟性を保ちながら、一部の関節を過剰に使うような投球を行わないので、肩を含めた全身に過剰なストレスがかからないのです。

しかし、一部分でもカラダの柔軟性が不足している状態では、ボールを加速させる範囲が狭くなってくるため、球威や球速を高めるためには、どうしても筋力を過剰に用いることで投球しなければならなくなります。最終的には、いわゆる「手投げ」で投球するしか手段がなくなるのです。
 
野球肩は、単にボールの投げ過ぎによって生じるのではなく、その背景には筋力にたよった投げ方しかできなくなるカラダの状態(メカニック)に原因が隠されています。そのため、肩の痛みを出さないようにするためには、常に適切な投球動作が行えるよう全身状態(コンディション)を修正していく必要があるのです。



2.投球フォームによる野球肩?


肩に痛みが出ている場合、指導者などから投球フォームを改善するよう指摘を受けることもあるかもしれません。しかし、単純に投球フォームの一部分を修正しても痛みを完全に取り除くことは非常に困難を伴います。

投球フォームは、関節1つひとつの柔軟性や、筋力のバランス、運動のイメージ、技術、心理的な影響、グランドなどの環境などが組み合わされた結果ということになります。そのため、フォームの一部分を意識的に修正してもあなたのカラダにとって不自然な動きなため長続きはしません。そのため痛みも思うように改善していかないのです。

姿勢を正して歩きなさいと言われ意識して歩いていても、数分もすればまた元に戻っているのと同様に、投げ方を修正するために意識していたのでは、あなた本来の投球にはなっていません。

肩の痛みを改善するには、やはりカラダ内部から変えていく必要があります。投球において肩にストレスがかからないような全身状態に調整していけば良いのです。しかし、そのためにはスポーツに特化した専門的な知識や技術が必要となってきます。

全身状態が整い肩の痛みが改善してくれば、あなたが投球フォームを改善しようと努力しなくても、無理のない自然な動きによって、タメがつくられたり、腕の振りが鋭くなったりすることで良い意味フォームも変化していきます。



3.筋力低下による野球肩?



痛みが出る原因は筋力が不足しているからだと思われている方も少なくありません。しかし、筋力トレーニングを行い、しっかりと筋肉に刺激を入れた状態で、あなたの理想とする投球が実現できるかどうかは疑問が残ります。

筋力トレーニングでカラダづくりをしてしまうと、一部の大きな筋肉だけを過剰に使ってしまう傾向が強くなり、痛みが軽減しないばかりか、制球が難しくなったり、投球数が増すたびに疲労が蓄積して思うような投球になる可能性も考えられます。

投手は下半身や体幹の筋力が重要とされ、シーズン中においてもスクワットなどで下半身を鍛え、さらに腹筋あるいはベンチプレスなどで大きな筋肉を鍛え上げている選手もみられますが、筋力トレーニングを過剰に行うことによって、体幹や股関節あるいは肩甲骨といった重要な関節の連動が悪くなり、さらに痛みを促進させてしまう場合が多々あります。

いくら筋力が増したとしても、球速が上がったり、コントロールされたキレのある鋭い球を投げることができなければ意味がありません。オフシーズンに筋力トレーニングを行うことは重要だと思いますが、筋力トレーニング後のメンテナンスを行わなければ必ずカラダは動きにくくなります。特に筋力トレーニング後は、投球を行える状態に戻していくのに非常に時間がかかります。それだけ、筋力トレーニングと投球を行うためのカラダの使い方が異なるのです。


フィジカルデザインは、プロスポーツ選手と研究を続けているノウハウが豊富にあります。
また、貴重な練習時間などに影響しないよう夜間営業しておりますので、
ぜひご検討くださいますようよろしくお願いいたします。