コンディショニングでご来店の方の流れ

161102001002-5818b04a1f597[1].png 選ばれる理由.png メニューと料金.png よくある質問.png 

 

お客様からの声.png ネット予約.png 店舗情報.png 道案内.png 

 

 

フィジカルデザインが重要視しているのは

あなたが最も動きやすい状態になっていただくことです。

 

①カウンセリング(問診) 

 

stockfoto_97111596_XS.jpg

まずは、あなたが改善したいことや気になっていることなど、非常に些細なことでも重要なヒントになりますので、どんなことでも結構ですのでご要望をお聞かせください。 

 

例えば 

● プレー中や練習中に足がつったり、疲労で動けなくなるので改善したい

● いつも太ももの筋肉の張りが出てきて困っている

● 投球などでもっと球の切れを出したい

● 昔はもっと動けていたが最近思うように動けなくなってきた

● もっと股関節を使えるようにしたい

● 最高のコンディションを維持していきたい

 

といったご要望を伺いながら、今後のコンディション調整やトレーニングのプランをお互いに意見を出し合いながら検討していきます。



② 痛みの確認

 

stockfoto_97113519_XS.jpg

  

例えば、腰や膝あるいは肩などに痛みが生じている場合、まずは痛みが出ない体づくりが必要となります。

 

痛みについてお聞かせください

● どこがどのように痛みますか?

● 経過は良くなっていますか?悪くなっていますか?

● いつ頃から痛みが出てきましたか?

● どうした時に痛みが出ますか?

● どうしたら楽になりますか?

● 痛みでどのようなことが困っていますか?

 

といったことをお聞きしながら、痛みの確認をすすめます。



③ コンディションの確認(全身状態のチェック)

  

stockfoto_61892453_XS.jpg

痛みや動かしにくい場所が出ている場合、カラダが様々に変化して機能低下を起こしているため、必ず全身状態のチェックが必要となります。

 

痛みが出ていない場合においても、全身状態をチェックすることで

● 一部に負担がかかっている場所

● 今後痛みやケガに発展しそうな場所

● 動きの流れが止まっている場所

● 関節の安定性が不十分な場所

● 筋力が発揮しにくくなっている場所

 

など、高い技術力や効率的な動きを実現するために重要なコンディションの状態を確認することができます。その日のからだの状態や反応、あるいは動きを確認しながら、試合や練習等に向けて、どのような仕上がりや方向性で調整やトレーニングをすすめていくかをご相談し決めていきます。



④ 痛みの改善・コンディションの調整

 

stockfoto_97113453_XS.jpg

あなたのご希望や、現在のお体の状態をふまえながら痛みの改善し、動きやすい身体を目指してコンディションの調整を行っていきます。

筋膜・皮膚などの組織や各関節の動き、筋肉の機能、呼吸機能、安定性など、プロスポーツ選手にも適応する要素を全身的にとらえながら、あなたが理想とする競技パフォーマンスの獲得を目指します。



⑤ 筋力トレーニング(ウエイトトレーニング)

 

stockfoto_56528865_XS.jpg

あなたのご要望や、パフォーマンス向上の目的のために筋力、筋持久力、あるいはパワーアップのプランを立てて、筋力トレーニングを行います。

ウエイトトレーニングだけでなく、PNFを用いたトレーニングも行うことができます。ウエイトトレーニングは、実際のスポーツ競技と異なる動作になることが多いため、筋力トレーニングを行う時期・負荷の設定・動作、その後のメンテナンスには特に注意が必要です。



⑥ 動きのトレーニング

(ファンクショナルトレーニング)

 

stockfoto_74083501_XS.jpg

 

実際のスポーツ競技に近い動きを用いた、機能的な動きを獲得するトレーニングになります。固有受容器からのフィードバックを用い、全身をコントロールしながらスポーツ競技で必要とされる動作パターンを獲得します。



⑦ 瞬発力トレーニング

(プライオメトリックトレーニング)

 

gahag-002792.jpg

筋肉や腱が本来持っている弾性要素と伸張反射の両方を利用し、多くのスポーツ競技のパフォーマンスにおいて重要となる爆発的パワーやスピードを獲得します。