足首の捻挫(前距腓靭帯損傷)

161102001002-5818b04a1f597[1].png 選ばれる理由.png メニューと料金.png よくある質問.png 

 

お客様からの声.png ネット予約.png 店舗情報.png 道案内.png 

 

stockfoto_44268499_XS.jpg

 

足首の捻挫(前距腓靭帯損損傷)

 
スポーツで捻挫をしたといえば「足首をひねった」と思われるほど、スポーツにおける足首の捻挫は非常に多く、実に全体の70%以上が足首の捻挫になります。

一般的には捻挫と呼ばれることが多いですが、単に足の関節をひねっただけではなく、実際の病態は靭帯が部分的に切れた状態になっています。 

足首の捻挫は、歩いている途中に道路のわだちや、段差などで受傷することもありますが、圧倒的にスポーツでの受傷が多くみられます。
スポーツの種目では、バスケットボール、バレーボール、サッカー、テニスなどの種目で多くみられ、その90%以上が足首を内側にひねる捻挫で、特に足首の外側にある前距腓靭帯(ぜんきょひじんたい)、踵腓靭帯(しょうひじんたい)を損傷することが多くみられます。

捻挫のほとんどが着地の場面であり、捻挫の時に加わる力や方向などによって、関節の中の軟骨や筋肉を傷める場合もあります。足首の捻挫は、正式には足の「靭帯損傷」になります。靭帯は筋肉と異なり血行が豊富ではないため、その治癒には時間がかかります。

単にひねっただけだと軽く考え治療を怠ると、痛みや腫れが続いたり、関節の不安定感などを残すことがあります。また、頻繁に足首の捻挫を繰り返すことで、関節の骨が変形することがあります。

 

 

 

足の関節機能

 

足首の関節は、主につま先を「上げたり」「下げたり」する関節ですが、足を構成している多くの骨(関節)により、三次元の複雑な動きができるようになっています。

つま先を下げる」と足の関節は遊びができるため、自由な動きができるようになります。特に内側には大きく動かせますが、最終的には靭帯がその動きを止めます。そのため、つま先を下げた状態で足首を捻挫すると、靭帯の損傷を伴いやすいことを意味します。

逆に、「つま先を上げる」と足首の関節の遊びは少なくなるため、足首の関節は自由に動かしにくくなります。つま先を上げるほど関節の遊びが少なくなり、関節の骨が動きを制限することになります。そのため、つま先を上げた状態で足首を捻挫すると骨や軟骨の損傷が生じやすくなります。 

足首の外側にある靭帯のうち最も損傷を受けやすいのが前距腓靭帯です。 つま先が上がっていない(足首が曲がっていない)状態は、足首を内側にひねりやすいのですが、その内側への動きを最終的に止める役割をしているのが前距腓靭帯になるため、最も損傷を受けやすいことになります。

 

 

 

靭帯損傷の重症度の分類

 

Ⅰ度:靭帯線維の小さな損傷
腫れも少なく、痛みも軽い、普通に歩ける。 

 

Ⅱ度:靭帯の部分的な断裂
腫れや内出血がみられる、痛みが強い、痛みで歩きにくい。  

 

Ⅲ度:靭帯の完全な断裂(手術の検討も必要)
足首がグラグラ、力が入らない、非常に強い腫れと痛み、歩けない。

 

 

 

損傷した場合は靭帯を保護する

 

捻挫をしたのち、靭帯が修復している途中は、足首をひねるような動きは絶対に避けなければなりません。すなわち、足首を内側にひねる動作です。
正座も足首を内側にひねることになるため、痛みの確認のためにも行ってはいけません。靭帯へのストレスは炎症を持続させ、腫れが長引きその治癒を遅らせることになります。

足関節捻挫の初期の治療では、損傷した靭帯の修復を妨害しないことが最も重要です。靭帯の保護は、装具、サポーター、テーピング、ギプス固定などがありますが、最近の研究では、靭帯や腱などの修復過程において、通常の関節の動きが循環を促すため、その治癒を促進させると確認されています。

このため、足の捻挫による靭帯の修復過程においても、関節の動きがその治癒を促し靭帯の強度を高くすることが証明されています。損傷した靭帯を保護しながら、痛みや腫れといった炎症が強くならない範囲で関節の動きや筋肉の反応を早期に獲得することが重要になります。 

 

 

 

炎症を抑える

 

炎症を軽減することは、損傷した靭帯の修復を早め、痛みを軽減させることになります。また、炎症により「はれ」が長引くと、関節周囲の癒着が起こり、関節を動きにくくするため、早めに炎症を軽減していくことは重要です。

足首の捻挫が起きてしまった場合は、24時間~48時間の間は腫れなどの炎症を最小限に抑えるためにRICE処置を行います。また、リハビリとして関節運動を行った後にも、熱があるようでしたら炎症を抑えるためにRICE処置を継続していきましょう。


RICE処置

1.安静(炎症の予防)

2.アイシング・氷を用いて冷却(炎症の予防)

3.患部を圧迫(特に腫れるのを防ぐ)

4.患部をやや挙上しておく(特に腫れるのを防ぐ)

 

 

 

足の捻挫、前距腓靭帯損傷を予防するために


多くの医療機関や治療院などでは、靭帯がある程度修復され、積極的に動かしていく時期には、足の機能を再獲得するため足関節の動きを出したり、筋肉のトレーニングを行うのが一般的です。

しかし、足首のリハビリやトレーニングを行ったにもかかわらず、再発を繰り返す方が非常に多くみられるのが現状です。結論から申しますと、捻挫を繰り返す方のほとんどは、「捻挫のクセ」があるのではなく、足から上、特に股関節や体幹の問題によって、運動中にカラダの重心がコントロールできていない場合が多いため再発を繰り返してしまうことになります。

例えば、右足の捻挫を繰り返している場合、上半身の重心が左かつ後方に偏っている可能性が考えられます。こうした状態は、立っている状態でも右の足首を内側に捻っている状態(小指側に体重がかかっている)をつくっているため、スポーツなど激しい動きの中では、わずかにバランスを崩しただけでも捻挫を引き起こしやすいことになります。

体幹や骨盤を含め上半身の姿勢変化が足関節に大きな影響を与えていることは一般的にはあまり知られていません。また、知識的には知っていても体幹の構造が非常に複雑なため、スポーツ治療の専門家でない限りなかなか手が出せないのが現状です。

スポーツを行われていない一般の方が足首の捻挫をしてしまった場合の対応は、通常の治療院などで行われる一般的な治療方法で十分だと思いますが、スポーツ選手が再発を繰り返さない状態にすることや、ケガの後にさらにパフォーマンスを向上していくためには、必ず股関節や体幹を含めた全身的な改善が必要となってきます。

特に全身状態の改善は、足首には影響を与えないので、ケガをした直後から積極的に行うことができます。足首をケガしたからといって安静を保っていればさらに治療期間が延びてしまったり、全身の問題を見逃してしまう事にもなります。

スポーツ選手のケガでお困りであれば、ぜひ全身を把握して改善することができるスポーツ治療の専門家にご相談されることをおすすめいたします。 


フィジカルデザインは、プロスポーツ選手と研究を続けているノウハウが豊富にあります。
また、貴重な練習時間などに影響しないよう夜間営業しておりますので、
ぜひご検討くださいますようよろしくお願いいたします。