スポーツによる痛み

161102001002-5818b04a1f597[1].png 選ばれる理由.png メニューと料金.png よくある質問.png 

 

お客様からの声.png ネット予約.png 店舗情報.png 道案内.png 

  

スポーツによる痛み

 

stockfoto_31807461_XS.jpg  

一般的に多くみられるスポーツの痛みは、特定の運動を繰り返し行うことによって、身体の一部に過剰なストレスが積み重なり、カラダが耐えきれなくなって炎症を起こした痛みになります。  

 

さらに、カラダを酷使したまま、身体的なコンディションが元に戻りにくい状態となれば慢性的な痛みとなっていきます。 

 

一般的にスポーツによる痛みは、特に使い過ぎ(オーバーユース)が原因と考えられており「使いすぎ症候群」ともいわれます。しかし、実際に原因を探っていくと、単純に使いすぎで痛みが出ている場合は非常にまれだということが明らかになってきます。

痛みの原因の多くは「カラダが動きにくい状態のまま」スポーツ活動をしたことによって、カラダの一部に過剰なストレスがかかって痛みが出ている場合がほとんどです。 

 

そのため、一般的に行われる「マッサージ」「ストレッチ」「筋トレ」を部分的に行って対処したと思っても再発を繰り返すなど、痛みを完全に取り除くのが難しいのです。

あなた
が本当にスポーツによる痛みの改善を望まれるなら、必ず全身の状態を把握して原因に応じた対応を行う必要があります。そのためにはスポーツの専門知識や治療技術を持った専門家にご相談されることをおすすめいたします。

 

 

 

スポーツによる肩の痛み(野球肩など)

 

stockfoto_25801915_XS.jpg  

 

スポーツによる肩の痛みは、野球肩がその代表ですが、野球だけに限らず、バレーボールのアタッカーやテニスのサーブ、水泳、ハンドボール、陸上競技などでも多くみられ、その多くが腕を高く上げたり、振り下ろす動作で痛みが生じます。

 

痛みは投球動作など腕を大きく動かす動作を繰り返し行うことによって、肩関節とそのまわりの組織が炎症を起こして痛みが出ています。

 

肩は安静にしておくことが非常に難しく、痛みが強く出ている場合はその治療も簡単ではありません。強い痛みになる前に、スポーツを専門にしている治療家に依頼されることをお勧めいたします。

 

スポーツによる肩の痛みの主な症状 

 ● 肩を動かすと痛みや違和感を感じる
 ● 肩が張る感じがする
 ● 肩の前が痛い
 ● 肩の後ろが痛い
 ● 腕が上げにくい

 

 

 

 

スポーツによる肘の痛み(野球肘・テニス肘)  

 

stockfoto_8795494_XS.jpg  

 

スポーツによる肘の痛みは、投球動作の繰り返しや、スイングなど腕を強く使った場合に、肘周囲の靭帯や組織が引き伸ばされたりすることで起こる肘の痛みです。リトルリーガー肘、ベースボールエルボーともいわれます。 

 

野球以外のスポーツでは、テニスなどでも頻繁に起こり、テニス肘やバックハンドテニス肘、フォアハンドテニス肘とも呼ばれます。

 

原因は、適切にスポーツの動きができない状態のまま投球やスイングをしたことによって、一部の関節などに過剰なストレスがかかって痛みが出ている場合がほとんどです 

 

ニュースでも知られるように、プロ野球選手においても肘の靭帯の損傷にまで発展すると手術も考慮しなければならなず、その代償は計り知れません。

また、靭帯の修復は筋肉と違い時間を要します。そのため、腕の張りや違和感を感じるような段階から、スポーツを専門にしている治療家に依頼されることをお勧めいたします。

 

野球肘・テニス肘の主な症状

 ● 肘に違和感・不快感、だるさを感じる

 ● 肘を曲げると痛い

 ● 肘の内側が痛い 

 ● 肘に痛みを感じる

 ● 肘が突っ張る感じがする  

 ● 肘が伸ばせない、伸ばすと痛みを感じる

 

 

 

 

ジャンパー膝 

 

stockfoto_16333368_XS.jpg  

 

ジャンパー膝は、バレーボール、バスケットボール、ハンドボール、体操、陸上競技などでジャンプやジャンプの着地動作を頻繁に行ったり、サッカーのキックやダッシュなどを繰り返すことにより、ひざの前にある膝蓋腱(しつがいけん)に炎症が起きて痛みを生じます。

 

原因のほとんどは、背中が丸くなっているといった姿勢の悪化により、体重がかかと側に移り、太ももの前の筋肉である大腿四頭筋に過剰なストレスがかかっているのが原因です。

 

そのため、単純にストレッチや太ももの筋力をつけてもなかなか改善は望めません。体幹や股関節といった全身の機能を改善することができるスポーツを専門にしている治療家に依頼されることをお勧めいたします。

 

ジャンパー膝の重症度分類

Ⅰ期:スポーツ開始時にひざの前に痛みが出るが、スポーツをするのに問題ない

Ⅱ期:スポーツ開始時と運動後に痛みが出るが、運動中は痛みが軽くなったり消える

Ⅲ期:ひざが痛くスポーツを行うことが出来ない

Ⅳ期:膝蓋腱(しつがいけん)の断裂が起きる 

 

ジャンパー膝の主な症状

 ● ひざの前に痛みを感じる 

 ● 体が温まる頃に痛みは薄れるが、活動を続けるとまた痛くなる 

 ● ジャンプ、ダッシュを行うとひざに痛みを感じる 

 ● ジャンプの着地で強い痛みを感じる 

 ● ひざが腫れたり熱を持つ 

 ● 肘が伸ばせない、伸ばすと痛みを感じる 

 ● ひざを屈伸すると痛みを感じる

 

 

 

 

シンスプリント

 

stockfoto_42610050_XS.jpg 

 

シンスプリントは、下腿(スネの骨)の内側部分に痛みが生じます。痛みは鋭い痛みではなく、うずくような痛み(鈍痛)が特徴です。脛骨疲労性骨膜炎ともいわれます。

マラソン選手や陸上競技のランナーなど反復するランニングやジャンプにより持続的なストレスが加わる事と、足首や足の親指で地面を蹴る筋肉が、下腿骨の骨膜を引っ張り炎症が起こるためだと考えられています。

 

痛みは運動開始時に出ますが、その後はおさまり、運動が終わると再び痛みが出たりします。炎症が進むと運動中も痛みが続くようになります。  

 

ランニング以外でもサッカーなど強度の高いスポーツで生じることがあります。 

練習量が多すぎることやストレッチ不足、扁平足が原因で起こることもあります。

 

シンスプリントの主な症状

 ● スネの骨に沿ってうずくような鈍い痛みが出る

 ● スネの骨の内側に痛みを感じる

 ● スネの骨が運動中痛む

 ● スネが熱を持っている感じがする 

 

 

 

 

腰椎分離症・分離すべり症 

 

stockfoto_41261127_XS.jpg

  

腰椎分離症は腰椎の骨の一部が折れてしまうもので、腰椎すべり症は腰椎の位置がずれたものをいい、腰痛とお尻や太ももの痛みを伴う場合があります。

多くは、身体が柔らかい中学生の頃に、ジャンプや腰をひねったりなどを過剰に行うことで、腰椎に亀裂が入って起こるといわれています。骨折のように1回で起こるわけではなく、スポーツの練習などで繰り返し腰椎を酷使することで徐々に起きると考えられます。

 

腰椎分離症は第4、第5腰椎の間に多く発症します。分離した腰椎とその下の腰椎の連結が椎間板だけとなるために脊椎が不安定になり、周辺の靭帯や筋肉にストレスがかかり腰痛をひきおこします。

 

また、10代前半に激しいスポーツをおこなって疲労骨折が治らないまま分離したケースも多くみられます。

 

腰椎分離すべり症の症状の多くは腰痛になります。中には腰痛や臀部の痛み、足先の痛み、痺れ感などを感じる場合もあります。

 

腰椎分離症・分離すべり症の主な症状

 ● 腰が重い、だるい

 ● 長時間の立ち仕事や、同じ姿勢を続けたあとに痛みを感じる

 ● 腰に鈍く重い痛みを感じる  

 ● 体を後ろに反らせると強い痛みを感じる  

 ● 脚の痛みやしびれを感じる 

フィジカルデザインは、プロスポーツ選手と研究を続けているノウハウが豊富にあります。
また、貴重な練習時間などに影響しないよう夜間営業しておりますので、
ぜひご検討くださいますようよろしくお願いいたします。