スポーツの痛みになぜ悩むのか

161102001002-5818b04a1f597[1].png 選ばれる理由.png メニューと料金.png よくある質問.png 

 

お客様からの声.png ネット予約.png 店舗情報.png 道案内.png  


stockfoto_28028298_XS.jpg
            

 
スポーツ治療業界の現状


私たちが生活するうえで、腰痛やひざの痛みなどは誰もが一度や二度は経験することだと思います。
そして痛みが続く場合、病院をはじめ整体、接骨院、鍼、マッサージなどに行く方もあると思います。

また、ご自分のカラダに興味をお持ちの方であれば、一日も早く痛みを改善させ
日常生活を取り戻すために、今やインターネットや書籍などによって
幅広い分野の情報を簡単に得られるので、色々なことを試みられるのではないでしょうか。


しかし、このように感じられる方も多いのではないでしょうか。 

 ●「病院に通っているが本当に痛みが治るのだろうか」
 ●「多くの治療法があるが、いったいどれを行えば良いのだろう」
 

 ●「自分の症状に合っているのはどの治療法なのだろうか」 

 ●「これで治ると宣伝しているが本当に大丈夫だろうか」


実際に、「野球肩の治し方」「腰痛は○○法で治る」「オズグッドはこれで治る」など、
様々なサイトや書籍を目にします。
また、それぞれの治療法において異なる考え方や意見が多数出ているので、
痛みが治まらなければ、本当にこのまま続けてもよいのかますます混乱もしてきます。


現在は非常に多くの情報にあふれ、治療分野の理論や技術も飛躍的に発展したと言われていますが、
私たちが悩むことの多い関節などの痛みは、30年前と比較して大きく減少しているのか
冷静に考えてみてもらいたいと思います。


肩の痛みや腰痛で治療をすすめられている方は、どのような経過をたどっているのでしょうか。
実際は、長い待ち時間で治療時間は十数分、大きな改善もないが、効果も持続しない。
変化のない同じような治療を行っているのを疑問に思いながら、なぜか何日も通っている
というのが現状ではないでしょうか。

さらに、スポーツ活動を休んでいる時には痛みは落ち着き、
「治った」と思えたのだが、練習を再開するとまた同じように痛みが出る。
そのため再度受診すると、
「この痛みはスポーツをやめないと治らない」
「痛みと付き合っていくしかない」「この痛みはもう治りません」と言われることもあるようです。


スポーツの現場においても、チームにコンディショントレーナーやケアートレーナー、
あるいはトレーニングの指導者がいるにもかかわらず、野球肩、ジャンパーズニー(オズグッド)、
シンスプリント、足首の捻挫、腰椎すべり症、椎間板ヘルニア、靭帯損傷などを
予防することもできず、長期間痛みで悩んでおられる選手が非常に多くみられています。


これだけ医学・治療業界が発展したといわれる現在であれば、
トレーナーの知識や治療者の技術も向上しているはずなのですが、
ケガで悩んでいるスポーツ選手の数は昔と大きく変わっておらず、
痛みで試合や練習に出れない選手は非常に多いままとなっているのです。
 

残念ながら、日本のスポーツ界におけるケガや痛みへの対応は、
治療者の教育やシステムなどの問題により、画像などの検査で原因を特定できないような痛み、
あるいは慢性の痛みを根本的に改善するための理論や治療法は確立されていないのが現状です。

さらには、実際の痛みがある方のカラダ状態は非常に複雑で、また1人ひとりの状態も異なるため、
細かなカラダの状態を把握できる治療者は非常に限られているというのが現状かもしれませんし、
また痛みが出る方がなくなれば、またそれはそれで
経営的に困る方が出てくるという裏事情もあるのかもしれません。

しかし、本気で痛みと向き合い情熱を持った治療者であれば
必ず良い方向へ導くことができると思いますし、

その熱意は、あなたにすぐに伝わります。

反対に営利目的となって不安をあおり過剰に通院をすすめ、
治療効果も得られない
治療法を永遠と続けている治療者もみられるため、
本当に痛みの改善を求めておられるのであれば、そこは見極める必要もありそうです。



1つの治療法では思うように改善しない


治療者をはじめ、多くの方が1つの治療法だけで痛みを改善できると信じています。
現在においても、いまだに筋肉の硬さや、筋力の弱さが痛みの原因だと考えられる方が多く
例えば、「腰痛が劇的に改善する○○法」、「痛みを解消する○○筋のストレッチ」、
「腰痛を解消するマッサージはこれだ」というような方法を試みる方も少なくないはずです。

しかし、痛みがでるまでカラダは長い年月をかけてストレスを蓄積して様々に変化しているため、
一部分の筋肉だけが硬くなっているということはないのです。

確かに筋肉は硬くなっているかもしれませんが、筋肉が硬くなっている原因として、
「重力の対応」「重心の位置」「皮膚の動き」「腱の滑走」「筋膜の癒着」「各組織の滑走」
「関節の動き」「インナーマッスルの働き」「身体感覚」など
非常に多くのことが複合した結果、そこが過剰に働く必要があったため硬くなっているのです。
 
このようにみていくと、非常に複雑なシステムを筋肉のストレッチやマッサージなどで

治そうとするのは無理がありそうだとご理解いただけるのではないでしょうか。

本当にカラダの改善を求めるのであれば痛みやカラダの状態をできるだけ細かく確認して、
考えられる原因に対して適切に対応していかなくてはなりません。

例え同じ腰痛であっても、その原因やカラダの状態は
10人いれば、その全ての人が異なっています。
そのため、1人ひとりに対応した戦略を個別に立てなければ思うような結果は得られないのです。
本当に痛みを改善するためには、カラダの全てを構成する組織や関節の状態を把握して
個別に対応することが求められるのです。

スポーツの痛みは、単に使い過ぎで筋肉が硬くなって血行が悪くなったから
痛くなったのではないということを理解していく必要があるのです。


長期間スポーツの痛みにお悩みの場合、痛みの原因を根本的に改善する必要性があります。
短期間で改善させたい場合は、スポーツ治療の専門家にご依頼することをおすすめしています。

フィジカルデザインは、プロスポーツ選手と研究を続けているノウハウが豊富にあります。
また、貴重な練習時間などに影響しないよう夜間営業しておりますので、
ぜひご検討くださいますようよろしくお願いいたします。